フィリピン留学のブログやホームページで間違っている情報

フィリピン留学に行く前に、ホームページやブログでフィリピン留学の情報についていろいろ検索すると思います。今ではフィリピン留学のブログやフィリピン留学を仲介する留学エージェントのホームページでたくさんの情報を手に入れることができます。

わたし自身、フィリピンに留学する前にいろいろな留学エージェントのホームページをみながら、いろいろな情報を参考にさせてもらいました。多くの情報はすごく有益で私はフィリピン留学に行く前にしっかりと準備をすることができました。

ただ、一つ、この情報は間違っているなという情報があります。その情報はいくつかのホームページやブログで書かれているので、多くの人がその間違った情報を信用して、必要のないものを持ってきています。

その間違った情報ですが、『フィリピンの食事は飽きるから、また日本食が食べたくなるからふりかけを持ってきたほうがいい』というものです。これは一部の語学学校では、とても役に立つ情報です。ふりかけを持ってくることで、ご飯を美味しく食べることができます。ただ、これは全部の語学学校に当てはまりません。多くの語学学校では、この、フィリピン留学の持ち物にふりかけは不要だと思います。

理由を説明します。多くの語学学校で提供されている食事は本当に辛いです。水やご飯を食べずに、そのオカズだけ食べていると、舌が痛くなってくる料理もあります。なので、辛い食事を食べるときは、その辛い食事を食べる、ご飯で休憩する、そしてまたその辛い食事を食べるというルーティンになります。もしくは、その辛い食事の辛さを少し和らげるために、ご飯と一緒に食べることもあります。

それに語学学校で出される食事は確実に日本食よりも味が濃いです。食事が薄ければ、ごはんにふりかけもいいですが、塩分のたくさん入った食事にさらにごはんにまで塩分をかける必要はあるでしょうか。

なので、私もフィリピン留学では、ふりかけを持ってきましたが、結局、あまりふりかけを使いたいなという気持ちにはなりませんでした。

ブログやホームページでふりかけを持ってきたほうがいいよ!という人がいますが、それは食事がそれほど辛くなかったか、辛いものにすごく慣れている人だと思います。ふりかけを持っていく必要があるかどうか考えるときは、まずその語学学校の食事が辛いのかどうか、そして辛いもの、塩分の多い食事が好きかどうか、自分自身と相談してから、決めたほうがいいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ