日本資本と韓国資本の留学エージェントどちらがいいか

留学エージェントというのは、語学学校を仲介する会社であり、何でも屋ではありません。何か困ったときに助けてくれる、そう考えるのは利用者の間違いだと思います。

留学にあたって、飛行機のチケットの取り方、海外に行く時どのような準備をすればいいのかなどは留学エージェント側もテンプレートで文章をすでに作っていると思いますが、それ以外のたとえば、土日の休日に出かけたけど道に迷ってしまい帰る道がわからない、お金をすられてしまったときどのように対応すればいいのか、マフィアみたいな人に拉致られてしまった、など何か本当に助けが必要なときは便りにならないと考えておいたほうがいいと思います。

何か困ったことがあれば、丁寧に対応してくれるのが本資本の留学エージェント、価格は安いけど言語の面でうまくコミュニケーションができないときがあるため、ちょっと不安な気持ちにさせてくれるのが韓国の留学エージェントと勝手に思っていました。

でも、どうも日本の留学エージェントも仲介業という視点では丁寧な対応をしてくれますが、それ以外の個別の対応となるといい加減な対応になる場合もあるようです。

これは実際にわたしに起きた話です。私はいろいろな語学学校を回っているため、日程をうまく調整する必要があります。そんな中、おっちょこちょいということもあり、ある語学学校に入学するとき、その入学日を間違えてしまいました。また運の悪いことにすでに日本に帰る航空券をすでに購入していて、その購入した航空券で帰る場合、語学学校2週間目という途中で日本に帰らないといけなくなります(本来は3週間滞在予定です)

そこで、留学エージェントに次のようなメールを送り相談しました。

こちらの勘違いで、月曜日から授業が始まると思っていました。契約を1週間早めて、1週間早く退出することはできないでしょうか?すでに、10月13日に日本に帰国するためのチケットを購入してしまったので。

最初は、2人部屋、3人部屋滞在も可能です。いきなりはむずかしいというのであれば、水曜日からのスタート、最初は実力がわからないというのでは、グループレッスンなしでもかまいません。柔軟な対応を期待しています。

このような形であれば、対応可能など、また提案がありましたらお願いします。


残念ながら、日曜日の朝にメールしましたが金曜日になっても返信がありません。今は、ホテルに泊まり飛行機も既にキャンセルし、新しいチケットを購入しました。このような緊急のメールに対して、無視するのはどうなのでしょう?無理なら無理で、大変恐縮ですが、現在、2人部屋、3人部屋ともに定員いっぱいなので、対応ができないとのことです。このたびは、お力添えできず大変申し訳ありません、など何かしらメールを返信するのが礼儀だと思います。

めんどくさいメールは無視という留学エージェントの対応には不信感を覚えます。以前、サポートが丁寧なフィリピン留学エージェントセブイングリッシュでセブイングリッシュはサポートが丁寧と言いましたが、留学エージェントというのは、組織的にはちょっといい加減な会社なのかもしれません(他のエージェントのことはわからないので、ただの推測です。ただ、もともとこの商売は新しい顧客を常に探す必要があり、一方、手に入れた顧客がリピーターになることはないので、顧客に対する丁寧なサービスというのは、あまりメリットがありません。顧客一人ひとりに丁寧なサービスをする、そのためにお金を使うよりも顧客を開拓するのにお金を使ったほうが効率的です。)

結論です。留学エージェントというのは、語学学校を斡旋する会社です。そして語学学校の情報を提供するのが仕事です。何か留学生が困ったときに助けてくれるのが留学エージェントの仕事ではありません。

で、語学学校の情報は留学エージェントが独占しているのかというとそうではありません。今ではインターネットが発達しているのでいろいろなブログやホームページから情報を手に入れることができます。気になる語学学校があれば、その語学学校の名前で検索してみてください。いろいろな情報がでてきます。そして、留学エージェントのホームページでも基本的な語学学校の情報は手に入ります。

となると、日本資本の留学費用が安くならない留学エージェントと韓国資本の留学費用が安くなる留学エージェント、どちらを利用するか。私は値段の安くなる留学エージェントを選びたいと思います。

私が知っている韓国資本の留学エージェントは留学ピープルとCEBU-4Uという会社です。日本の留学エージェントは何か決まりがあるらしく留学費用を値下げしたりするのは難しいですが、韓国資本の留学エージェントは交渉次第で入学金が無料になったりSSPを無料にすることができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ