英語の話す力をちゃんと伸ばしてくれる先生

若い女の先生ですが、とってもおしえ方が上手で、さらに厳しくちゃんと正しい英語を教えてくれる先生です。今まで教えてくれたマンツーマンの先生の中で一番、この先生に英語を教えてもらったら英語を話す力が伸びるなと思わせてくれる先生です。

この英語の先生の特徴は最初に生徒に新しいことをインプットさせて、そのあとにすぐロールプレイングをしながらアウトプットの練習をするところです。具体的に、今日の授業についてレポートします。

昨日、天気に関するボキャブラリーを勉強しました。a snowstorm,a downpour,freezing coldなどです。今日は最初にそれらの単語を使って、お天気お姉さんになり、天気について言う練習をしました。

私はどのようにして天気について、視聴者の人に伝えればいいのか、まったくわかりません。なので、先生に先にお手本を見せてもらいました。最初に挨拶をします。そしてそのあとに天気を言って最後に名前を言います。


先生が私に教えてくれた例文です。
on monday,moscow is expected to have a temperature as high as 0℃ and as low as -10℃ and it is expected to be partly cloudy.

on monday,moscow's temperature is expected to be between -10℃ and 0℃ and is expected to be partly cloudy

この例文を使って、いろいろな国の天気のその日の最高気温、最低気温、そして天気について言いました。最初は、途中で詰まったりしてなかなかスラスラいうことができませんでしたが、練習するうちに、だいぶ上手に言えるようになりました。やはり、理解するとじぶんで使えるようになるというのは全くの別物ですね。

次にダイアログを読みます。読み終わったあと、次に重要なセンテンス、イディオム、単語などについて先生が説明してくれます。ただ、説明してくれるだけでなく、先生が説明したあと、先生と一緒にロールプレイングやじぶんで例文を考えないといけないので、なんとなくで聞いていると、次のロールプレイング、例文を作ることができません。常に先生の授業では私は緊張しています。


たとえば、that is what they saidというイディオムについて最初、先生が説明してくれます。そのあと、実際にロールプレイングをしました。先生は一つ一つのことを教えると、必ず確認のために私に質問してくれます。なので、教えてもらったことが身につきやすいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ