フィリピンはマンゴーが安い

フィリピンといえば、バナナというイメージですが、タバコやビールも安いです。ビールは飲まないのでわかりませんが、お店で飲んでも瓶ビールで1本70円くらいだったと思います。

そしてフィリピン留学をするのであれば、ぜひ食べてもらいたい南国のフルーツがあります。そうです、マンゴーです。マンゴーは美味しくて、フィリピンなら激安で買えます。スーパーで1キログラム63ペソです。日本円にすると120円くらいです。


ちなみにマンゴーを4つ買って値段は64.64ペソです。


1つあたり16ペソ、32円と駄菓子レベルの値段です。日本だとキウイでも100円ぐらい、リンゴだと安いときで100円ぐらいなので、フィリピンではマンゴーはとても安いです。

日本だと、マンゴー1kgでだいたい4550円から3500円ぐらいです。フィリピンだと120円なので、だいたい30倍くらい値段が違います。バナナと同じようにマンゴーもフィリピンから輸入して、商売すれば儲かるのですが、どうしてしないのでしょうか。日本のマンゴー農家を守るための何かしら法律があるのかもしれません。

ちなみにマンゴーはビタミンAやβカロテン、ベータカロチンなどが豊富に含まれた果物です。健康にいいからと食べ過ぎるのは問題ですが、語学学校の食事は栄養が偏っているので、果物をとってビタミンやベータカロチンを摂取するのはいいと思います。私も、1日1つ食べるようにしています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ