短期留学の人は教科書代が安くすむ英語学校

フィリピン留学には日本人のほかに韓国人、台湾人、ベトナム人がきています。韓国人は2ヶ月3ヶ月と長期でフィリピン留学をする人が多いですが、日本人の多くは1ヶ月以内と留学期間が短いです。韓国人であれば、長期留学をしているので、購入した教科書をすべて、終わらすことができます。

しかし日本人は短期留学の人が多いので、英語学校で教科書を買っても、全部終わらすことができません。正直、もったいないですよね。マンゴーやビール、タクシー料金は激安のフィリピンですが、教科書はそれほど安くありません。1冊350ペソぐらいします。

とくに1週間や2週間の短期留学をする人が、教科書を買うと、お金の無駄になります。英語学校側は卒業しても、日本でまた勉強するときに使えばいいと言うかもしれませんが、正直、使う人はほとんどいないと思います。

コピーで済ますことができたらいいなと思っていましたが、なんとフィリンターでは、短期留学の人は教科書を買わなくても、コピーで対応してくれます。なので、日本人の多くの短気留学でフィリピンに来ている人は、教科書を買わずにコピーを使って勉強しています。


コピーは1枚2ペソ、4円です。だいたい50ペソから100ペソぐらいの料金になります。


英語のテキストを使い回ししたり、教材で利用しているCDもコピーしていることがあります。そして教科書はコピーで済ましています。著作権はフィリピンではどのような扱いになっているのだろうと思うことがありますが、留学生の立場でいうと、安いにこしたことがないので、特に深く考えないようにします。

韓国資本の語学学校は生徒に対する対応が悪いと思っていましたが、フィリンターでは、韓国人スタッフも愛想のいい人がいて、フィリピン人のオフィスで働いている人(コピー係)もとても丁寧な対応で接してくれます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ