グループクラスの授業をマンツーマン授業に無料で変える裏技

グループクラスの定員は9名ぐらいです。なので、英語を自分が話す時間は授業中、限られてきます。ある程度、レベルが高い学生はいいですが、自分自身のレベルが低い場合は、下手くそな英語を聞かなくてはいけません。

グループ授業の魅力の一つは、グループ授業を通して、同じクラスメイトと仲良くなれる点だと思います。あとは、同じくらいのレベルの学生と一緒に勉強するので、中にはモチベーションが上がるという人もいるかもしれません。でも、私の場合は、先生と一対一で勉強したほうがモチベーションが上がります。

また、英語の上達という面で考えても、グループクラスよりもマンツーマン授業の方が短時間で自分の英語を上達させることができます。

なので、できればグループ授業よりもマンツーマン授業の多い語学学校のほうが、おすすめです。

ただ、グループクラスもある裏技を使えば、マンツーマン授業に変えることができます。その方法をここで説明します。

各語学学校では、授業変更をできる日というのが設けられています。この授業変更の日、特に時間が朝の8時から17時までと決められている場合、わざと遅い時間に行きます。そしてグループクラスのリストを見せてもらいます。このリストを確認しながら、人数の少ないところを選びます。中には、生徒があなたひとりだけでマンツーマンのような形でグループ授業を受けることができるかもしれません。

私が実際にセブシティにあるUV ESLという語学学校にいたときに使った方法です。UVESLでは、小グループの授業が7種類、通常のグループクラスが10種類あります。

なので、グループクラスによっては生徒が9名のところもあれば、生徒が1名もいないようなクラスまであります。私は朝の8時から受けた音楽やロールプレイングを通してリスニングの力を伸ばす授業ではほかに生徒がいなかったので、実質10名定員のグループクラスがマンツーマンクラスになりました。もう一つ、TOEFLのグループクラスも2名という少人数で授業を受けることができました。

私の場合、絶対に変えたい先生がいたので朝一番に授業の変更をして、そのあと、変更時間の終了間際に行って、グループクラスで生徒の少ないところに変更しました。

できるだけグループクラスも少ない人数で勉強したいという方はこの裏技、ぜひとも使ってみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ