フィリピン人でもぼったくられるマニラのタクシーに注意

セブシティで仕事をしているタクシーに比べてマニラのタクシーは本当にタチがわるいです。セブシティに比べてマニラは物価が高いので仕方がない部分もありますが、それでもタチが悪いと思うので、こちらにて注意喚起したいと思います。

普通に道でつかまえるタクシーはまだ大丈夫ですが、空港のタクシーは本当にお行儀がよくないです。私もときどき空港のタクシーとは喧嘩をします。最初にタクシーに乗るときにちゃんとメーターを使うか、追加料金はないか確認しているのに、いざタクシーに乗ると、「○○なら300ペソで行くけどどうか?」と聞いてきます。

「おまえの脳みそは小鳥さんなみか?5秒前に話したことをもう忘れてやがる」
今さっき、メーター使う、ノーアディショナルって確認したよね?と言っても、聞こえなかったと言います。本当に腹の立つタクシーがいます。

そしてタクシー側も降りろと言います。もしくはこちらからこのタクシーを降りるしかありません。当たり前ですが、料金は支払いません。

問題は英語ができない人、女の子です。特に空港から一人でタクシーに乗る女の子は要注意です。相手が外国人、女の子だとかなりぼったくってきます。フィリピン人の女の子の場合、気が強いとタクシーと互角に戦うことができますが、もし、そのフィリピン人の女の子が気が弱い場合、フィリピン人であってもぼったくられます。

私の友達の中で、気が弱い女の子、どちらかと言えば親切であまり人に対してはっきりと物事を言えない子の場合、空港から家に帰るとき500ペソ、600ペソというかなりぼったくりの料金を請求されて泣いていました。本当なら150ペソあれば十分に行ける場所です。

フィリピン人であっても、ぼったくられる可能性のあるフィリピンのタクシー。十分に注意してください。ただ、これは空港だけの話であって、マニラでも道沿いでつかまえるタクシーはマシだと思います。たとえ日本人の女の子ひとりで乗ってもそんなに高い料金はボッタくってこないと思います。200ペソぐらい?私は女の子ではないのでよくわかりません。

ちなみに私の場合、マニラの空港からタクシーに乗る場合、追加料金なしが多いですが、タクシーによっては追加料金を要求してくる場合がありますその場合は、50ペソぐらいまで追加で支払うことにしています(一般の道沿いでつかまえるタクシーは基本的にメーターだけで行くようにしていますが、需要と供給のバランスで雨の日などなかなかタクシーを捕まえることができないときは50ペソ、100ペソ追加で支払わないとタクシーを捕まえることができない場合があります。そこらへんは臨機応変に対応してください。)

ちなみにセブシティに行くために利用するマクタン空港のタクシーも、ちょくちょく追加料金を要求してきますが、こちらは追加料金を支払わなくても、セブシティに行くことができます。基本的にセブシのタクシーはお行儀がいいです。追加料金を請求してきても、こちら側は「メーター」というだけです。向こうが何か言ってきても、私は「メーター」と繰り返すだけで追加料金は支払いません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ