クラークの英語学校ではタクシーがない

パンパンガのクラークにはいくつかの英語学校があります。少しエージェントのホームページから調べてみると、MMBS(Man to Man Bording School)、CIP(Clark Institute in the Philippines)、AELC(American English Learning Center)、SPC(Systems Plus College Foundation)、GLOBAL STANDARDなどがあります。

クラークでの英語留学は安いので、この地域を選ぶ人がいますが、一つ気をつけておきたいことがあります。それはメータータクシーがないということです。メーターではなくなんか怪しげなメーターなしのタクシーはあるようですが、料金が高いのと本当に目的地に連れて行ってくれるのかよくわからないので、怖くて使えません。

ということで、たとえばショッピングモールに行くときはジプニーやトライシクルを使います。なぜか、トライシクル、タクシーがないことをいいことにタクシーと同じくらいの料金をふっかけてきます。しかもけっこうどのタクシーも強気です。私もアンヘレスにあるショッピングモールSMクラークからCIPの寮に戻る時、トライシクルを利用しましたら150ペソも取られました。最初、交渉しようとして100ペソと言われたら断られ、次のトライシクルに130ペソでお願いというと、やはり150ペソと言われて、どうもトライシクルの料金がセブ島に比べると高騰しています。150ペソだと正直、タクシーと料金が変わりません。

トライシクルは高い!ということでジプニーで行くとします。ジプニーは8ペソぐらいの激安でショッピングモールまでいけましたが、大通りを遠回りして客を集めながらはしるので、排気ガスで気持ち悪くなります。肺のなかまで排気ガスで真っ黒になりそうです。健康を考えると空気の悪い大通りを走るジプニーは使えません。

自分で好きなレストランやダンススクール等の習い事、友達にあったりしていた私としてはタクシーのないこの街では非常に動きづらいです。タクシーに頼っていろいろと活動しようと考えている人にはクラークの英語学校はお勧めできません。

クラークにある英語学校はのどかで、星がとてもきれいな、いい学校です。私はCIPだけしか知らないのですが、土地が安いのでたぶん、都会にある英語学校の寮に比べると部屋も広々としているのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ