パサイのショッピングセンターでトイレ利用料をとられた

どうも友達は歯が痛いらしくて、どうにも我慢できません。そこで、パサイのタフトステーション近くにあるショッピングセンターの中にある歯医者に行ってきました。治療中、暇過ぎて、ショッピングセンター内をぶらぶら。

いつもはグリーンベルトやSMメガモールやモールオブアジアなどのどちらかと言えば、高級なショッピングモールに行くので、このような庶民的なショッピングセンターは逆に新鮮でした。

物のねだんも安くて、ヘッドフォンだと150ペソぐらいで買うことができます。300円ぐらいなので、めちゃくちゃ安いですね。

さて、トイレがしたくなり、トイレはどこかなと探します。見つけました。でも、トイレの前にはおばちゃんが・・・


PAY RESTROOM PHP5と書かれています。トイレを使うなら5ペソ払えという意味です。日本だとトイレを利用する客からお金を回収するために1人トイレの前に従業員を置くと、人件費が無駄になるので絶対にできなません。ですが、ここフィリピンでは1人400ペソぐらいから人を雇うことできます。日本円で800円ぐらいですね。人件費安すぎです。

だからたとえトイレの利用料が10円だとしても、トイレでお金を集める係りを雇えば、元はとれます。

ちなみにトイレ利用料で集めたお金はトイレの美化のために使うの?と聞くと、オフィスに渡すと言っていました。つまりこのビルの利益になるということでしょうか。トイレの利用者から10円ずつ集めても、1日の利益は少ないだろうし、ケチくさい商売をしていますね。

たかだか5ペソぐらいでブツブツ言っている私もケチくさいのかもしれませんが・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ