セブのショッピングモールで被害にあう留学生が続出

留学エージェントに安全な場所はどこと聞くと、セブ島と答える留学エージェントが多数いると思います。そしてマニラはあぶないというのがお決まりの決まり文句です。ですが、わたしはあえて違う意見を持っています。

ショッピングモールは安全というのが、これまた一般的な意見ですが、これも私に言わせるとむしろ危険です。安全と思われている場所だからこそ、これからフィリピン留学をする方は気をつけてもらいたいと思います。

さて、わたしは6週間の間にアヤラモールというショッピングモールで被害にあった人を3人知っています。いくらなんでも3人はちょっと多いです。アヤラモールというのは海外ブランドも入ったセブで一番高級なショッピングモールです。

ここで、フィリピンに住んでいる悪い奴の立場にたって、考えてみてください。セブシティにある高級なショッピングモールに行く人は・・・金持ちに違いない、そう考えます。そして無知な日本人を騙して、お金を巻き上げています。

もし、私たち日本人が、この悪い奴に騙され続けると、そのことを知った他の悪い奴も集まって、本当にアヤラモールが日本人や韓国人を騙す悪い奴でいっぱいになります。

なので、これからフィリピン留学に行く人は絶対にショッピングモールで騙されないようにしてください。本当にセブシティに悪い奴がどんどん集まってきます。

「悪いフィリピン人に気をつけろ」と言われても具体的にどのように気をつけたらいいのか難しいです。ここで実際にアヤラモールで被害にあった人の具体的な被害とその手口、対策を考えてみたいと思います。

まずは、フレンドリーに話しかけてくるフィリピン人です。ショッピングモールでフレンドリーに話しかけてくるフィリピン人にろくな奴はいません。やつらは、親日家だと言いながらこっちの懐に飛び込んできます。絶対に相手をしてはいけません。このショッピングモールに生息している悪いフィリピン人はあなたと仲良くなったあと、家に誘うでしょう。そして家の中でお金をかけて賭け事を誘ってきます。もう、ここまできたら途中で断ることができません。お金がなくなるまで、その賭け事をさせられます。これは男性も女性も被害に遭っているので注意です。

いや、絶対に彼はいいやつだ、彼女はいいフィリピン人だと思う場合は、必ずフェイスブックを交換しましょう。フィリピン人はみんなフェイスブックをしています。そこから彼らの素性を調べます。絶対に日本人にフレンドリーに声をかけているフィリピン人で、友達を探しているなら、必ず彼、もしくは彼女のフェイスブックには日本人が友達として登録されているはずです。もし彼らのフェイスブックの友達を調べてみて、日本人が全くいないなら確実に悪い奴だと思います。気をつけてください。あと、友達が見れない設定にされている場合も、リスクを考えて友達づきあいは控えたほうがいいです。行くとして安全なレストランがいいでしょう。

私はショッピングモールで声をかけてくるフィリピン人は基本的に怪しい奴だと考えていますが、道端で声をかけてくる奴はいいフィリピン人が私の過去の経験上おおいです。実際に、道端で声をかけられた人とそのファミリーでローカルビーチにいきました。あと、カラオケ屋の前をふらっと歩いていた時に声をかけられて、こちらも参加するとシャングリラホテルのスタッフたちでこの人たちとも仲良くなりました。

あと、これまた道端を歩いているとき、声をかけられ、その人は日本語教師をしているフィリピン人で、彼の周りには日本語に興味を持っている人たちがたくさんいたので自然とたくさんの友達ができました。

さて、ショッピングモールは安全と考えているのか、普通に高級なiPhoneをショッピングモールの中で触っている人がいます。悪いフィリピン人からみたら、私の携帯電話をどうぞとってください、と言っているようなものです。人がたくさんいるところで、高級な携帯電話をいじるのは控えたほうがいいです。もし触るのであれば、そのあとは絶対カバンの中のすられない場所にいれるようにしましょう。

チャック付きのバックでない場合は、やはり注意です。気づかれないうちに盗られたり、どうどうとすられたりします。アヤラモールでチャックのないカバンからIPhoneをどうどうと盗られてしまった留学生がいます。奴らはグループで行動しているので、油断していると盗られてしまいます。

日本人のスリよりもフィリピン人のスリは上手にポケットやカバンの中から盗むと思います。私もディスコにいったとき、ポケットの中にいれていた携帯電話をすられてしまいました。

もし、あなたが何か盗まれると、その携帯電話や財布を盗んだやつは調子にのって、また同じことをします。ぜひ、これからフィリピンに行く人はこれ以上、悪いフィリピン人を調子にのらせないためにも、注意してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ