スペインとフィリピンのハーフの美人すぎる先生

もともと、私の担当の先生ではないのですが、最後の1週間は記念にと思って、先生の授業を受けることにしました。その先生はCIPで日本人男性、韓国人男性のほぼ誰もが認める一番美人の先生です。

もともとなぜか理由はわからないですが(CIPの採用担当の人は美人に弱い?)美人の先生が他の語学学校よりも明らかに多めです。クラークという地域はたくさんの白人が住んでいます。なので、その白人がフィリピン人と結婚して、より顔立ちの整ったフィリピン人がたくさん住んでいると思っていました。ですが、クラークにあるショッピングモールに行ったときにそれは間違いだとすぐにわかりました。お客さんは普通のフィリピン人で特に綺麗な人が多いという感じはありません。むしろマニラのほうが綺麗な人は多いです。

言うまでもないですが、このスペイン人とフィリピン人のハーフの美人先生は男子生徒から人気なので生徒はすべて男性です。積極的な韓国人留学生は休み時間にこの先生の部屋に遊びに行っているのをよくみかけます。

授業はスピーキングです。特に教科書を使って勉強するというよりは雑談をして50分終わりという感じです。ちゃらちゃらした感じの先生ではないので、授業はいたって真面目です。キャバクラのようなイメージではありません。真面目に英語で話して、英語の勉強をしています。英語の先生をする前にどんな仕事をしていたのか、私自身がどんな仕事を過去にしていたかなど、ほんとうに雑談です。ただ、この雑談というのも難しいもので、言いたいけど単語がわからないので言えないということがよくあります。また、よく変な英語をしゃべって先生が顔をしかめています。

美人で真面目で授業も一生懸命してくれるそんな素晴らしい先生ですが、コミュニケーションはそれほど得意な方ではありません。話を引き出すのが下手です。ですが、美人だとなんだって許される、世界は美人に弱いのです。なので、私も特に気にしていません。これが普通のおばちゃん先生だとおそらくすごくイライラしていたと思います。世の中、不公平ですね。私もこの不公平な世の中にいつも悩まされております。

ちゃんと私の英語が間違っていれば、正しい英語で言い直してくれます。一生懸命、私に何か英語を話してもらおうと考えてくれています。そしていろんな質問をしてくれます。そこの毎日キャバクラで遊んでいるあなた、英語の勉強をしながらすごく美人のお姉さんとお話ができるのはお得ですよ!?正直、初日からフィリピン人とスペイン人のハーフのこの美人先生に教えてもらえる生徒が羨ましいです。

美人という理由で先生を変えるとは不届き者だ!と怒られそうですが、すでに語学学校は4校目なので、先生を変えるのは慣れてきた今日このごろです。先生を変えて後悔はしていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ