シャワーの水圧が強くて痛いときどうすればいい

水圧が低くて、ちょろちょろとしか水が流れない語学学校があります。給湯器の性能が悪くて水量を増やすと水しかでない語学学校もあります。それらの語学学校は問題外ですが、同じように水圧が強すぎて困る時があります。

シャワーの水圧が強いと頭を洗うときは、とくにきにならないですが体を流すとき痛いですよね。背中にシャワーの水を当てると、水圧が強すぎて、水が飛び散って肝心の体についた石鹸を流すことができません。

この水圧の強いシャワー、もちろん水量を減らせば解決できる問題ですが、できれば水量を減らしたくありません。水量を減らさずにシャワーの水圧を下げる方法があります。

水圧が異様に強い時、その原因は実はシャワーの出てくる部分の穴にあります。シャワーの出てくる部分の穴をみてください。そしてシャワーを出します。顔にかからないように注意してくださいね。実は、すべての穴から水が出ていないことに気づきます。下手すると、半分以上の穴から水がでていないことも。これがシャワーの水圧が異常に強い原因です。つまり、シャワーの穴のつまりをなおせば、シャワーの水圧は下がります。針があればその針でシャワーの本体の穴の部分をプツンプツンとさして、穴の汚れを取り除いていきます。でも、針はもっていないですよね。私は自分の爪を使って、猫が人をひっかくように、シャワーの部分を爪でひっかきます。すると、すべてのシャワーの穴ではないですが、ある程度、シャワーの穴の部分の汚れがとれて前よりもたくさんの穴からシャワーが出るようになります。シャワーからでてくる水が強すぎて、痛いと感じた時はぜひ試してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ