PLDTがインターネットと電話を設置しに来た

インターネット会社PLDTと契約をしました。2週間以内にインターネットを設置しにくるということです。ですが、1週間と4日たってもきません。たぶん、フィリピンだと2週間以内にきますといえば、2ヶ月後に来るでしょう。

なので、フィリピンでは日本と違って1度で済みそうなことにも何度も足を運び時間をかけなければいけません。もしも、急かさなければPLDTのテクニカルスタッフはこないので、私もPLDTにいつ私の家にインターネットを設置しに来るのか聞きに行くことにしました。

スタッフは電話でテクニカル部門に連絡をとり、土曜日にくるということを約束させました。何時にくるのか聞きましたが、そこはわからないとのこと。午前中かもしれないし、午後かもしれないそうです。1日いないといけないのは面倒ですね。

私は約束させても来ないだろうと思っていたのですが、ちゃんとPLDTスタッフは来ました。事前に来る前には電話連絡するようにと私の電話番号を教えたのですが、事前に私の電話番号には連絡はありませんでした。

電話線を何やらいじくりまわすPLDTのテクニカルスタッフ。リュックサック一つでやってきました。コンドミニアムの住人かと最初は思いました。
PLDTのスタッフ


何やら充電中?



モデムを設置しました。



インターネットにつなぐためにパスワードを入力します。全てPLDTスタッフがやってくれます。私はそばでみているだけでいいです。
インターネット接続のためのログイン画面


PLDTの電話です。マニラに電話するのであれば無料だとか無料でないとか。無料だったような気がしますが忘れました。とにかく携帯電話から普通の電話回線に電話するとお金がかかるので助かります。ジョリビーやピザ屋さんなどに宅配をお願いしたり、洗濯業者に電話をして洗濯物を取りに来てもらったりしています。



これがフィリピンスタイル。出たゴミは片付けません。そのまま置いて帰ります。


サブコンテンツ

このページの先頭へ