留学エージェントが教えないフィリピン留学口コミ情報

英語の勉強をするため海外に留学するとき、ある程度英語を話せる日本人であれば、いきなりネイティブの国、カナダやオーストラリア、アメリカ、イギリスなどに行くのがいいと思います。

ですが、文法はできるけどヒアリングやスピーキングは十分にできない、まだまだ日常会話を英語で楽しむことができない、というレベルであれば公用語が英語のフィリピンがおすすめです。

フィリピンでは小学校から国語の授業以外は英語です。小学生でさえ、英語で原稿用紙2枚、3枚の文章をかきます。そして映画館に行けば、中学生ぐらいの子供たちが洋画を字幕なしでみています。

以前、私はショッピングモールのコスプレイベントを見ていたのですが、司会の人は高校生くらいです。そのコスプレイベントを見ていた人の多くも高校生や大学生でした。もちろん、司会の人は英語を話します。公の場では、みんな英語を話す、それぐらい英語が世の中に浸透している国です。

なまりは大丈夫なの、文法の知識はあるの、いろいろ心配はあると思います。文法の知識に関しては、以前同じ留学先にいた早稲田大学の学生に先生の文法の知識はどう、と訪ねたことがあります。完璧だそうです。

さて、フィリピンにはいろいろな地域に語学学校があります。セブ島、マニラ、クラーク、バギオ、イロイロです。そしてそれぞれの地域にたくさんの語学学校があります。留学生にとって実際に現地に行き、見学するのは難しいです。でも、自分にあった語学学校を選びたい、そこで留学エージェントに自分の希望を伝えて、その中から語学学校を選ぶと思います。

はたして、留学エージェントの答えをすべて信じていいでしょうか。実際に留学エージェントの中に留学生と同じように、実際にその寮に泊まり、授業を受けてみたスタッフがどれくらいいるでしょうか。そこの食事をちょっと体験で食べてみるではなく、ちゃんと何日間も食べた人がいるでしょうか。

語学学校側も馬鹿ではありません。大手留学エージェントが訪問するとなれば、ちょっと食事の内容も変えるでしょう。大手留学エージェントのスタッフが授業を体験したいとなれば、一番教えるのが上手なベテランの先生をその留学エージェントスタッフのために用意するでしょう。

実際に留学生として生活してみたいのと見えてこないことが語学学校の中にはたくさんあります。例えば次のようなことです。

ハエが多く、土曜、日曜等、食堂に人が少ないとハエが4匹5匹自分の周りを飛び回ることもある。

部屋により鶏の鳴き声がうるさい!私は毎日5時から5時30の間に嫌でも一度起きてしまう。

停電が起こること、シャワーの水圧が低い

施設とサービスがいまいちです。対応が微妙だったりこちらのニーズをくもうとしないのに腹が立ちます。

授業のベルがなっても先生がなかなかこない(3分、4分)ほかの学校ではベルがなったら1分以内に始まるところが多い。


これらのことについて留学エージェントのスタッフはわかるでしょうか。これは実際に語学学校で学んだ留学生、そしていくつかの語学学校をまわって初めて気づくこともあります。このような情報についても知っておくと、より安心してフィリピン留学をすることができると思います。より多くの情報や口コミ情報から語学学校を選びたいという方はぜひ次の記事をご覧ください。留学エージェントが教えてくれない、もしくは知らない情報もたくさんあります日本一、たくさんの語学学校にったからこそ、いろいろな語学学校を比較できます。ぜひ他のフィリピン留学エージェントのホームページやフィリピン留学ブログでは手に入らない情報を入手してフィリピン留学の語学学校選びに活用してください。
語学学校の短所・欠点についての口コミ

サブコンテンツ

このページの先頭へ