バギオのおすすめ観光地・レストランはどこ?

ここでは2泊3日で行ったバギオのおすすめ観光地(おすすめでない観光地も含めて)、バギオに行った時に行くべき観光地、レストランを教えます。

トリップアドバイザーのバギオ観光地ランキングで6位だったBurnham Parkは普通のきれいな公園です。噴水と池があります。

カップルの憩いの場、あとは夜はマラソンしている人がいます。もし、フィリピン人の彼女と行くなら、この公園の近くで毎日開かれている夜市がおすすめ。めっちゃ安い、安いもの大好きなフィリピーナちゃんです。

私はこちらを購入。20ペソだったかな、50ペソだったかな。私は名前をいれてもらいました。名前は無料でいれてくれます。
バギオのおみやげ

Wright Parkでは馬に乗れます。これは楽しかったです!料金は30分、200ペソ。1時間で300ペソです。


たくさんの馬たち。馬の目は死んでいました・・・・


馬と記念撮影。ちなみに私は長髪ではありません。


この近辺は、路上販売の人がウザいです。ベルト売りが「1000ペソでベルトどう?」とか言ってきます。

「いらない」というと「500ペソで。」

「いらない」

「100ペソでいいよ」
と価格が暴落していきます。いったい本当はいくらで仕入れているの?

他にも車に乗せてガイドするよっていう人もいました。価格は2000ペソだったかな。こちらも断ると500ペソでいいよと・・・価格が暴落していきます。本当の値段がわからないのがフィリピンです。


Wright Park近くにBotanical Gardenというのがあります。こちらは何やら彫像やら戦争中に使われていた防空壕みたいなのを見ることができます。あとはきれいな公園ですね。

入り口のところに座っている、老人たち。彼らには要注意です。民族衣装を貸してくれて撮影できるのですが、ぼったくられそうになりました。

彼女が民族衣装を着たいというので、値段を聞くと20ペソとのこと(すべて彼女が交渉)

そして撮影の時、老人たちがわらわら集まってきます。


そして後から一人、10ペソ、合計130ペソとか請求してきます。1人、10ペソチップ払えとか。

バーで飲んでいて会計を見たらなぜかめちゃくちゃ高い値段を請求された、支払い時点でないと料金がわからないぷちボッタクリーバーか、ここは・・・・

とまぁ、Botanical Gardenには良い思い出がないです。

ちょっと遠いですが、ストロベリーファームはおすすめです。タクシーは嫌がって連れて行ってくれませんでした。なので、道端の人に尋ねながらジプニーで行きました。

ストロベリーファームで売られているいちごのアイスクリームはおいしい!これはぜひ試してみて。大きいのが50ペソで小さいのが20ペソです。


旅行といえば食べ歩きでしょというあなたは、ぜひいちごの豆腐もぜひ挑戦してみてください。記念です。


中には自由に入ることができます。
ストロベリーファーム

なぜかレタスといちごが一緒に植えられています。これって意図してやっているのか、それともフィリピンらしく適当なのか・・・


せっかくバギオに来たならいちごは買いたいですね。
バギオのいちご

レストランは2つ行きました。野菜好きにおすすめなのは、good tasteというレストランです。値段が安い!バギオ野菜がうまい!量が多い!味付けもナイスです。

なんと24時間営業。地元の人で賑わっています。


料理はこちら。値段は忘れましたが、マニラでは考えられない安さでした。




そのほか、こちらもバギオのレストランランキングをチェックして行ってみました。cafe by the ruinsです。


地元の高級レストランです。値段は高い分、美味しいですが私個人は庶民の見方、good tasteをおすすめします。

 



最後におすすめのホテルとおすすめでないホテル。

初日はパラディンホテルというところに泊まりました。このホテル中心街なので、夜中でも明け方でもうるさい!何度も目が覚めてしまいました。交通の便だけで選ぶと、痛い目にあいます。

2日目にとまったマンハッタンスイーツは良かったです。料金はほとんど同じなので、バギオに泊まるならここはお勧めです。

部屋からの景色がいい!そして静か。



ぜひバギオ旅行楽しんでくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ