僕がフィリピン人を好きな理由

フィリピン人が好きな理由はいろいろなあります。彼らは、とても陽気であまり細かいことを気にしません。あまり将来のことを深く考えず今を楽しむのが得意です。よく寝てよく食べます。子供みたいです。

そんな自由な姿に憧れがあり、だからこそフィリピン人が好きなのだと思います。そして今日、(あ、俺ってフィリピン人が好きだな)としみじみと思ったことがあるので、書きたいと思います。

フィリンターという語学学校にいるときの話です。今月の第四金曜日には、先生と学生が4つのチームに別れて何か運動会のようなものをする予定です。私はその日までいないので何をするのかはよくわかりません。でも、今、そのオープニングセレモニー的なものを毎日しています。

フィリピン人はとにかく長い時間、準備をしてその期間もたのしんでいます。例えばクリスマス、ショッピングモールに行くと、9月からクリスマスソングをかけています。そして、まだ3ヶ月先というのにクリスマスの準備をします。

そしてフィリンターもまた同じ。まだ9月13日ですが、すでに9月28日の本番に向けてイベントをたのしんでいます。昨日は、各グループの代表の学生が旗をもってプールの周りを走っていました。


そして今日はクイズ大会のようなものをしました。これも各グループの学生がいろいろなクイズに答えます。


面白いのがフィリピン人先生たちのリアクションです。たとえば学生の考えている時間は、息を飲むという言葉がぴったりと合うようなリアクションです。彼らは静かに学生たちが解答を書くのを見守っています。そして、それぞれの学生が答えの書いてあるボードをみんなにみせたとき、その解答が正解だと、すごいはしゃぎようです。まるで子どものようです。なにか芸能人がやってきたのか?と思わせるぐらいキャーと叫びます。

本当に子どもたちのクイズ大会を見ているかのように、純真に騒ぎたのしんでいます。何か景品がもらえるわけでもありません。即席でできたチームです。フィリピン人先生の騒ぎ用に正直、いったいなぜ彼らがそこまで騒ぎ喜んでいるのか、理解できません。年齢で言うと、いまは日本からたくさんの大学生がきています。その若い日本人学生でさえ、「え?なぜそこまでフィリピン人たちははしゃいでいるの?」とキョトンとしている人たちをたくさん見かけました。


正解かな間違っているかな、というソワソワした感じのリアクションとか、喜ぶとき腕を高く上げて飛び跳ねて喜ぶ姿とか本当に好きです。

私は周りの空気を壊さないように喜んでいるフリをすることがよくあります。これは社会人の方なら誰でもすることだと思いますが、周りの空気を乱さない、上司に失礼の内容に振舞わないといけない、いろいろなシチュエーションで私たちは楽しんでいるフリをします。

でも、フィリピン人は心からその状況をたのしんでいます。周りの空気を壊さないようにとかそんなのはありません。彼らの純粋に子供のようにはしゃぎ楽しんでいる姿をみると、こちらも幸せな気持ちになります。あ、俺ってフィリピン人が好きだなと思った瞬間でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ