韓国人と日本人で留学費用が違う

CNNにいたときです。CNNは日本人が少なく韓国人の多い学校です。私がいたとき、ちょうど日本語を話すことができる韓国人の方がいました。せっかくなので、韓国人目線でフィリピン留学について話が聞きたいと思い、いろいろインタビューしていました。

そこで、たまたま留学費用の話になりました。

「1人部屋はけっこう高いですよ。部屋はせまいし汚い割に円もします。日本でこれだけ出せば、けっこういいアパートに住むことができます。もちろん3食、クリーニング付きだとすごく安いですが。」

そのときで、韓国人の表情がかわりました。
「いや、ちょっと高すぎですよ。値段を忘れてしまったので、CNNの一人部屋の値段を調べてみます。」

そしてその韓国人の方は韓国語のホームページを開き、韓国の留学エージェントのページを開きました。そのページを私も見せてもらいました。韓国語なので、何がなんだかよくわからないですが、数字はわかります。そこには660ドルとありました。

660ドルを日本円になおすと、1ドル=80円と考えて52800円です。これが韓国人がCNNで1人部屋を借りる時の値段です。
※私がCNNにお世話になったのは2012年4月です。

日本人がcnnの一人部屋を借りると87500円でした。その差は3万円以上です。どうして、これほどの差がでるのでしょうか。

一つは韓国人はたくさんの人がフィリピン留学にいきます。なので、もともと韓国人の方が、部屋代や授業料が安いのかもしれません。

もう一つ考えられる理由として、日本の留学エージェントは高い手数料をとっているのかもしれません。韓国ではメジャーなフィリピン留学ですが、日本ではまだまだマイナーです。ニュージーランド留学やオーストラリア留学、そしてカナダ留学のほうがメジャーです。そのため、一つのエージェントが1ヶ月あたりに紹介する人数が韓国と日本では違うのかもしれません。もし、韓国が100人で日本が30人であれば、やはり日本の留学エージェントは手数料をあげざるおえないです。

最後に考えられる理由として日本の留学エージェントには競争原理が働いていないということが考えられます。韓国の留学エージェントは1年間にフィリピン留学に行く生徒数も日本に比べてはるかに多いですが、留学エージェントの数も多いです。そのため、手数料の値下げ競争があり、留学エージェントによりフィリピン留学の費用がかわってきます。

一方、日本ではフィリピン留学を扱っている大手エージェントは数社です。どこのエージェントを見ても、留学費用は変わりません。競争原理が働いていません。つまり、留学エージェント同士のつながりが強く、価格競争はないようです。そのため、1人あたりの手数料を高く設定できるのかもしれません。

現在、日本人のフィリピン留学費用と韓国人の留学費用はずいぶんちがっています。わたし自身、エージェントの仕事をするつもりは今のところないですが、何かしらこの日本人と韓国人の留学費用の差を縮めるお手伝いをできる機会があればいいなと考えています。

ということで、私自身は紹介手数料は5%や10%でかまいません。何か一緒に協力して安い値段、韓国人と変わらない値段で留学プランを提案してくださる語学学校がありましたら連絡お待ちしています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ