路上や道路で販売しているペットボトルに注意しよう

フィリピンではお商売をするのに許可はいらないみたいです。道路で商売している人、路上で商売している人をたくさんみかけます。そして安いホテルの近くや夜のお店の近くではストリートチルドレンがいます。

ショッピングモールで売られているペットボトル、セブンイレブンで売られているペットボトルと道路や路上で売られているペットボトルのどちらが安いでしょうか。最初、道路でペットボトル500ミリを売っている人がいますが、値段が高いと思っていたので買ったことはありませんでした。でも、ある日、タクシードライバーの運ちゃんがペットボトルを買ったときに値段を聞いてみました。

なんと値段は10ペソ、安いです。コンビニエンスストアだと15ペソから18ペソぐらいなので、格安です。私も試しにある日、信号が赤の時に道路でペットボトルの水を販売している人から購入してみました。値段は・・・15ペソ?

おいっ日本人価格かよ!

10ペソのときもあれば、15ペソの時もあります。ブランドによる値段の違いか、日本人だから値段が高いのかよくわかりません。

さてさて、道路や路上でペットボトルの水を買っていて、とくに問題がなかったのですが、この前、初めて変な味のするペットボトルの水を購入してしまいました。草のような味です(草を食べたことないのであくまでイメージです)

口に入れた瞬間、変な味なので飲まずに済みましたが、あれはおそらくプラスチックが溶けた味です。路上や道路で売られている水は暑さでプラスチックが溶けてしまったのでしょうか。

私は路上や道路で15本ほど購入して、初めてプラスチックの味がするペットボトルにあたってしまいました。これが確率的に高いのか低いのかわかりませんが、少し値段が高くても、これからはスーパーやコンビニで水は購入したいと思います。たまたまぬるい水だったので、はっきりと味がわかりましたが、冷たくて冷えている場合、気づかない場合もあります。あと、すごく喉が渇いている場合、飲んでしまうこともあるかもしれません。プラスチックが溶けて変な味のする水を飲んだら、かなり体に悪そうです。みなさんも路上で水を買う場合、気をつけてくださいね。

ペットボトルって英語っぽいですが、和製英語です。フィリピンではたぶん通じないと思います。英語だとペットボトルはプラスチックボトルって言います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ