面白いだけで計画性のない英語の先生にうんざり

ライフセブでの話です。2日目の授業、私はネイティブの先生の発音の授業をとっていますが、その日、先生は休みでした。ネイティブの先生の変わりにきたフィリピン人の英語の先生がひどかった。他の生徒は楽しんでいた(楽しんでいた振り?)ようですが、もう70分が地獄でした。

まず、最初に男女比を確認する先生、そしていきなり今からパートナーを選んでください、と言います。そして一人の韓国人男性を指名して、どの女性をパートナーに選びたいと聞きます。その韓国人男性はかなり戸惑っていたようですが、最終的に一人の女性を選びました。

次に私を指名します。一人の女性をしかも授業中に選ぶという目的がわかりません。誰かを選べば、誰かが嫌な思いをします。一番最後まで残った人は気分がよくないです。そのようなことがこのフィリピン人先生はわからないのでしょうか。

「誰かを一人選ぶことは誰かを傷つけることになると思います。日本では、このようなやり方はあまりよくありません。」
と英語で言いたかったのですが、残念ながら私の語学力はそこまでなく、ただ私は選ぶことができないとだけ言いました。次に女性を指名します。その女性も困っていました。そこで、先生はプリントを渡して今日の学習をすすめることになりました。プリントを使った学習です。何のためにパートナー選びをしたのか、時間の無駄です。おそらく、プリント学習の中で、答え合わせをするときにパートナーの人と英語で質問して、そのもう一人が答える、そんなことをやりたかったのでしょう。普通にくじ引きみたいな形でやればいいと思うのですが、残念ながらそのときに「くじ引きみたいな形でパートナーを選べばどうですか」とも英語でいうことができず、まだまだ英語力が足りないです。

問題が時終わったあとに、答え合わせをします。英作文のところは、一人一人、前にでて発表します。正直、この授業スタイルは嫌いです。何かひとつのテーマに対してみんなで英語で議論するとかは大歓迎です。でも、自分がプリントに書いた英語を発表して、それでどんな英語の力が身につくのでしょうか、はっきり言って時間の無駄。

イディオムを使った英作文を作る問題です。fed up withやget along withを使って英作文を作りました。前にでて、発表するのですが、みんな同じイディオムを使って文章を作ります。その内容は良く似た内容で、聞いていても別に勉強にもなりません。生徒は全部で7人いるので、その一人一人の発表を聞くのは、本当に退屈です。こんな授業を受けても、自分の英語はぜんぜん伸びないと思います。授業をする先生としては、このような発表形式の授業は楽でいいかもしれませんが、どうすれば生徒たちの英語が伸びるだろうかと真剣に考えてくれる先生なら、絶対にこのような授業をしないと思います。今日はたまたまいつも教えてくれる先生が休みだったから、代わりにこの先生が私たちのグループクラスを教えましたが、いつもこの先生に教えてもらっている生徒たちはかわいそうだと思います。

私は途中から本当にやる気がなくなったので、普通に机の上で携帯電話をいじっていました。また、前に出る気も失せて、「足が悪いから前にでて立つことができない」と大人げないことを言ってしまいました。私の行動もいい年して、子供のようです。ちょっと反省しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ