Philinterの食事写真

どの韓国資本の語学学校でも、朝食、昼食、夕食でキムチがでますが、Philinterは毎日、3食ともキムチがでるというわけではありません。そして、どこの語学学校のキムチも韓国人でさえ、まずいというクオリティのキムチですが、Philinterのキムチは薄味なので食べることができます。

また、どこの語学学校も同じ種類のキムチですが、Philinterでは、2種類?のキムチがあり、薄味のときは私も食べることができます。

食事の時間は朝食が7時から7時40分、昼食が11時35分から12時10分、そして夕食が17時30分から18時10分です。まず、食事をすることができる時間がすごく短いです。あと、夕食の時間がとても早いです。正直、夕食の時間は18時30分から19時30分ぐらいがベストです。

ときどき、授業が終わったあと、部屋に戻りインターネットサーフィンをしていて、時間を確認すると18時30分、すでにカフェテリアは閉まっているので、外に食べに行かなければいけないということが2度ほどありました。まぁ自分の責任ですが。

夜の11時を過ぎて起きていると、お腹がすいてくるのでPhilinterに来てからは夜、寝る時間がすごく早くなりました。

Philinterでは、食堂にメニューが貼られています。ただ、更新されるのが遅いのかこの記事を書いているときは9月4日ですが、このメニュー表で一番新しいメニューは9月2日でした。ランチとディナーは書かれていますが、朝食についてのメニューが書かれていないのは、メニューがほとんど変わらないからです。


あと、フィリンターでは1ヶ月いましたが夕食や昼食で、(あれ、この前みたな)という同じような食事がよく出ます。美味しい食事もありますが、もう少しバラエティ豊かな食事を学生に提供してくれると嬉しいです。


フィリンター水曜日の食事画像
フィリンター木曜日の食事画像
フィリンター金曜日の食事画像
フィリンター月曜日の食事画像



火曜日の朝食


右下の料理は、卵とツナを混ぜたものです。パンに挟むと美味しそうにみえますが、残念ながら味付けがあまいです。卵とツナであればマヨネーズに胡椒と塩を少し混ぜたらパンに挟むのに最適なフィリングができるのに残念です。

昼食


春巻きはすごく美味しかったです。でも、人気で2本しか食べることができませんでした。タイミングがよければ、もっとたくさん食べることができると思いますが、すでに売り切れでした。

八宝菜のようなベジタブル料理もなかなか美味しかったです。八宝菜の中に入っている豚肉も美味しいです。今日のキムチは、まずかったです。キュウリをキムチで味付けしたのも微妙、キムチのスープも微妙です。


夕食


画像一番上のキムチと豚肉の炒め物てきなのは、唐辛子が大丈夫な人には美味しいと思います。これは他の語学学校でも食べたことがあるので、韓国ではメジャーな料理なのかもしれません。フィリンターのこの料理は特に美味しくて豚肉がカルビ肉みたいな感じで、ほどよい脂身と肉の厚さがあり美味しいです。

麻婆茄子てきなのは、味は普通でした。ソーセージと人参、キャベツを炒めた食べ物は日本のソーセージに比べるとフィリピンのソーセージは味が落ちるのですが、それでもソーセージはソーセージ、なかなか美味しかったです。野菜スティックは他のソースを付けて食べました。新鮮な野菜も食べられるのはうれしいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ