クレームに対する対応が早い英語学校

ファーストウェルネスイングリッシュアカデミーという日本人経営の英語学校での話です。

今週は、音楽の授業の先生は都合により休みということで、代わりの先生が教えに来てくれています。月曜日と火曜日は祝日で水曜日に新しい先生が来て、先生は授業をする前に信頼関係を築くために、私にいろいろと聞いてきます。
「この学校にどれくらいいるの?」
「どこからきたの?」
などです。

さて、自己紹介も終わり、授業を始めます。それはそれで良かったのですが、木曜日、今日は昨日と違う先生が来ました。そしてまた自己紹介をしなければいけません。その先生にとってははじめてでも、私は何度も同じことを自己紹介で話さなければいけません。自己紹介で聞いてくることはだいたい一緒です。なので、話をするのが本当に退屈です。

もちろん、これからずっとお世話になる先生であれば自己紹介はすごく大切です。最初の授業は全部、自己紹介に使ってもいいと思います。ですが、今日だけの先生に対して、自己紹介で10分も20分も話をするのは本当にめんどくさいです。自分は英語の勉強をしにきているのに、という気持ちがあるので、だんだんとイライラしてきます。

イライラした状態で授業を受けるのは、私にとっても先生にとってもよくありません。ですが、今週は、他の授業でも、先生の都合でほかの先生に変わり、そこでもまた同じ自己紹介をしているので、もう自動的にイライラモードに入ってしまいました。

授業で、音楽の歌詞を聞いて、そのあと先生が声にださず、音楽の歌詞を読みましょうと支持しました。そこで、私は音楽の歌詞を読みます。すると、先生は気を遣いながらも携帯をいじり始めます。私は、歌詞を見るふりをしながら何をしているのか、チェックしました。フェイスブックの画面です。フィリピン人はフェイスブックが大好きですが、授業中に先生がフェイスブックをするのは、どうかと。

ここで、イライラがマックスになります。授業中にプライベートなことを先生がするのはどうかと日本人の感覚だと思ってしまいます。先日から、授業中に折り紙を折る先生、コピーしに行ったらついでに次の教材の準備までする先生、同じ先生ですが授業時間がまだあるのに5分以上も早く終わったり、とにかく、他の語学学校に比べて先生の態度であれ?と思うことが多くて、その都度我慢してきましたが、我慢の限界です。

授業が終わったらクレームをオフィスにいいに行きました。ファーストウェルネスの代表をされている日本人の方は、すごく親切な方で私の立場にたって、話をきいてくださいました。

そして、すぐに先生を招集し、私のクレームに対して、しっかりと対応してくれました。私がクレームをいったということは、たぶんすべての先生が気づいています(小さい学校なので)ちょっと、次の次の授業を担当している先生が緊張気味でどこかよそよそしくなったのは残念ですが、この英語学校での授業も残り1日なので、気にしないことにします。

ちなみに私がクレームを行ったあと、次の先生に「俺がクレームを行ったあと、daigoさんは何を言っていたの?」と聞くと、自己紹介の時間は3分から5分くらいにする。授業中は生徒の学習にファーカスして、他のことをしない、携帯やフェイスブックをいじらないということを話していたと言っていました。

私がこの学校に行ったときは、まだできて1年目なので手探り状態ですが、代表の日本人の方は、生徒目線で対応してくれているので、きっとこれからもっと良い英語学校になると期待しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ