マニラの空港でぼったくりタクシーでなく安いタクシーを使う方法

マニラ空港では旅行者が空港からでてきたところを、メーターのないぼったくりタクシー(白タク)の運転手が「タクシー」と言って、あなたがタクシーを利用するのを待っています。海外についてなんの知識もない方にとっては、そのタクシーが高いのか、安いのかわかりません。

はっきり言って高いです。ですが、メータータクシーを探そうとしても、きっと見つけられないと思います。なぜかわかりませんがメータータクシーは空港から出てきたところにまったくいません。イエロータクシーがいるだけです。ただ、イエロータクシーも空港専用のタクシーで値段がすごく高いです。

ちなみにメーターのない自家用車を使った白タクで目的地までの料金を聞いてみると、900ペソと言われました。高いので乗らない、というと800ペソでいいと値下げ交渉をしてきますが、どちらにしてもめちゃくちゃ高いです。

さて、私の目的地はクバオという地域にあるファイブスターバスステーションです。ここからいろいろな地域に行くことができます。メーターのないぼったくりタクシーだと800ペソですが、普通のメータータクシーを利用すると250ペソくらいから300ペソ以内の間で行くことができます。

さて、どこでメータータクシーを捕まえることができるのか、それはマニラの空港(ニノイ・アキノ国際空港)と飛行機の乗ってきた人が出てくる出口に行くのではなく、これから飛行機の乗る人が入ってくる入口に行きます。

飛行機を降りた人は普通1回の出口を利用して、これから飛行機に乗る人は3階の入口を利用します。あえて、1階の空港からでずにそのまま重い荷物を持って大変ですが、3階までエレベーターでいき、そこに出口があるので、その出口をでます。すると、メータータクシーを捕まえることができます。

ただ、マニラのタクシーは何も言わないとぼったくってきます。特にあなたが英語を話すことができない、外国人、観光客だとわかるとほぼ確実にメーター料金で行くことはできないのではないでしょうか(ほぼ確実は言いすぎましたが50%ぐらいの確率?これは実験していないし、自分は英語が少し話せたりするし観光客的な姿ではないのでよくわかりません)

なので、タクシーに乗る前に必ず助手席のドアを開けて最初に「メーターオンリー、オッケー?ノーアディショナル、オッケー?」と確認して、タクシーがオッケーと言ったら乗ります。そのときに変な反応だったり、わけのわからないことを言っていたら無視をしてつぎのタクシーに交渉しに行きます。タクシーはたくさんいるので、対応の良いタクシーを選びましょう。マニラの空港で待っているメータータクシーはほかの場所にいるタクシーに比べて手ごわいタクシーがおおいです。私の友達でまだタクシーに乗り慣れていないフィリピン人は120ペソぐらいで行けるところを500ペソ支払ったという経験があります。言葉が通じる同じフィリピン人でもこのようにぼったくられてしまうのがフィリピンのタクシーです。気をつけましょう。

ちなみにアディッショナルとはaditionalで追加とか余分のという意味です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ