フィリピン留学で教え方の上手な英語の先生を見つける方法

語学学校の中には、教え方が他の学校と違う、厳しい採用試験をしているのでどの先生も教え方は他の学校と比べてレベルが高い、プロフェッショナルな先生ばかりを集めた語学学校など、各学校でそれぞれ私の学校は他の学校と比べて教え方のうまい先生がたくさんいますとアピールしているようですが、正直4つの学校を今の時点で行きましたが、それほど違いはないように思います。

もちろん、フレンドリーな先生が多い学校、真面目な感じで授業をする先生の多い学校、いろいろな年齢の人が英語の先生をしている学校などそれぞれの学校で特徴や傾向の違いはあります。でも、教え方がうまいか下手かと言えば、それほど違いはありません。

それよりも、どの先生に教えてもらうかのほうが重要です。日本の学校や塾と比べて、フィリピンの先生は一人一人の裁量で自由に授業ができます。その分、先生により授業に個性があり、授業のうまさにも大きく差があります。

日本の大手予備校だと、人気講師、不人気講師がいて、その差が大きいと思います。でも、それ以上にフィリピン留学では学校ごとの先生の教え方に差があります。

せっかく日本を離れてフィリピンで英語を勉強するわけです。ぜひとも、教え方の上手な先生に当たりたいですね。一番、良い方法は土曜日とか日曜日に語学学校についたときに、その日のうちに日本人の友達を作ってしまうことです。そしてその日本人からどの英語の先生がオススメか聞いてみます。そしてオリエンテーション終了後、学校のオフィスに行き、その先生をリクエストします。もしくは、オリエンテーションを受ける前に先生のリクエストを出しておいても大丈夫だと思います。

しかし、まだ授業も始まっていない土曜日や日曜日に友達を作るのは難しいです。だいたい、多くの学生が遊びに出かけていて、学校にはいなかったりします。友達はどこで作れるのか、ズバリ食堂です!食堂で日本語で話している人がいたら「今日からここで勉強することになった○○です。まだ右も左もわからない状態なのでぜひいろいろ教えてください」とかなんとか言って、そのグループに混ざっちゃうのはいいかもしれません。

では、実際おまえはできるのか?と聞かれると正直、そこまでできる自信はありません。なんか勝手に友達ができちゃうんだけど、気が付けば周りに人が集まってるんだよね、でれにでもすぐに話しかけちゃいます、という人以外、現実的なプランではないです。

やはり、少しずつ友達を作っていき、その中で仲良くなった友達におすすめの先生いる?と聞いてみてください。
「○○先生は明るくて、授業のベルがなり終わっても、いつまでもしゃべっている。」
「授業のベルがなったら問題をといている途中でも終わる先生が多いけど、ちゃんときりのいいところまで進んでから、うちの先生は終わってくれる」
「○○先生はすごく授業の進め方がうまい」
「私の先生はあくびばかりしていて、なんかモチベーションが下がるんだよね」
「○○先生は子供の頃、カナダに留学していたから発音がネイティブの先生のようにきれい」
などなどいろいろな情報をもらえると思います。特に2ヶ月3ヶ月と留学期間の長い人は先生についてのたくさんの情報を持っていると思います。

あと、日本人は先生を変えると相手に失礼と考える人、私の英語が下手くそだからダメなんだ、特にどこが悪いという理由はないのに変えるのは失礼、など考えて、なかなか先生を変えない人がいます。

お金を払っているのはあなたです!勉強しに来ているのもあなたです!英語の先生と友達になるためにきているわけではないですよね。良い先生、相性のあう先生におしえてもらうことのほうが重要なはずです。

フィリピン留学ではマンツーマンで授業をします。同じ先生に1週間で5時間、1ヶ月で20時間教えてもらいます。たくさんのじかんを1人の先生と過ごすわけです。私たちは決して安くないお金を支払い英語の勉強をしにフィリピンにきたわけです。良い先生、相性の合う先生を探すのは当然のことです。

私はクラークにあるCIPという語学学校で1ヶ月で3人のマンツーマンの先生、2人のグループ学習でのネイティブティーチャーを変えました。でも、変えたことに全く後悔はありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ