ターラックにある語学学校MMBSの留学体験談をいただきました

あなたの貴重な体験を記事にしてみませんか?ぜひ、これから留学を考えている人のためにあなたの貴重な体験を教えて下さい。良かったこと、悪かったことなど生の情報をお待ちしています。
メールフォーム


●学校名
MMBS

●留学期間
11週

●MMBSを選んだ理由
①日本人スタッフがいる。英語で全てに対応できる自信がなかった。日本語でフォローできる。

②都会<田舎、の選択。自然が多い方がのんびりできる。

③環境が良い(広い、自然がある、校内がきれい、等)

それらを総合して、生活面で時間や心配事にとらわれる事なく勉強に集中できそうだったので選びました。


● 勉強する目的・動機について
旧職を辞めると決めた時に、自分を見直したことから。

何か成長したいと考えた時に、関心があったものを更に知るためには英語は必須であったので留学を決めました。

英語が嫌いだった為、独学の勉強も何度も挫折をしていました。とりあえず勉強せざるをえない環境と人の力(先生)を頼ろうと留学を決めました。留学するという既成事実を作って自分を奮い立たせようという隠れた意図もあります。


●留学エージェントの事前説明と実際に来てみて何か違いはありましたか?
特にありません。と、いうかあまりしっかりと聞いていなかったのかも。ネットで調べたりしていました。


●語学留学をする前と留学をした後で何か英語力に変化を感じますか?
会話の理解度が向上、表現できるボキャブラリーは増えたと感じます。後は、英語で話してみようという勇気をもらったかな 笑


●寮の食事
ごはんが日本で食べるものよりもパサパサしていたので来た当初は馴染めませんでしたが、人間慣れるもので、1ヶ月もしないうちにもりもり食べるようになりました。

パンの日があったり、もちろん日本食も出てきたので、食でホームシックにはかかりませんでしたよ。

全体的にフィリピン的甘めの味付けですが、フルーツや野菜もあるので、バランスが良いと思います。外食すると野菜料理が少なかったので、私は満足。基本バイキングなので、量は調節可能です。

個人的には10?11時のブランチができればいいなと思いましたが、育ち盛りの未成年の留学生もいたので、これが普通でベストなんだろうと思います。


●寮の生活や施設に対する満足度
わたしは4人寮に住んでいましたが、問題は特にありません。たまに部屋に虫が来ましたが、これが普通のフィリピン事情かと思います。各部屋に(もしくは生徒が使える公共の)ほうきとちりとりがあったら便利だと思いましたが、部屋は週2回掃除していてくれたし、奇麗です。雨期の終わりから乾期にかけて留学をしていたので、たまにベットマットを干してくれていたのも嬉しかったです。雨期の部屋事情はわかりません。湿気がすごいと、他の生徒から聞きました。

寮が何棟にも別れていたので、棟ごと、部屋ごとの雰囲気、使用感は変わるだろうと思います。わたしの住んでいた部屋は風がよく通り、過ごしやすかったです。

南国だから虫がいるだろうと蚊取り線香を持ってきてしまいましたが、寮内はいっさいの火気厳禁で使えませんでした・・・


●語学学校周辺の治安について実際体験したこと、聞いた事などを教えて下さい。
私は恐い体験をしませんでしたが、「校外では注意するように」という内容でよく日本人ミーティングで注意事項を聞きました。

季節ものの注意としては、フィリピンはクリスマスが盛大であるから、出費がかさむため(?)9月頃から治安が悪くなるとのこと。

クリスマスが近づくにつれて、トライシクルの運転手の交渉も強気な言い値になったなと感じましたが、トライシクルのおじさんも人それぞれです。

ひとりで学校外に出ていた時に、何度か現地の人からも「(クリスマスのこの時期は特に)気をつけるんだよ」とか一人歩きに対して注意を受けたので、フィリピンの危ない面は確かにあるのだろうと思います。ほとんどのフィリピン人は親切でしたが、注意はしていました。


●先生について
・教えることに対して先生から熱意を感じますか?
アプローチの方法は違えど、まじめに授業に取り組んでくれる先生ばかりでした。

この授業はおもしろくないなぁという授業もありましたが、ここを変えて欲しいとお願いすれば変えてくれる先生ばかりだったので、授業の質を落としたり、さぼるような先生には当たりませんでした。


・マンツーマンの授業、リスニングの授業、グループクラスの授業の満足度を教えて下さい。またそれぞれの授業の良い点、悪い点がありましたらお願いします。
満足しています。

ただ、私の心構えが足りなかったこともあり、もし次回があれば、改善して挑みたいと思ったところがあります。

マンツーマン授業の良くも悪くも、自分で授業を作らなくてはならないということ。わかっていたようでわかっていませんでした。この学校やシステムに慣れるまで、わたしは1、2タームほどかかりました。

最初に割り当てられた教科書とのマッチングもあるので、如何に早く自分に合ったスタイルに変えていけるかが鍵だと思います。

グループクラスは、ただ参加している状態にならないようにするのが個人的な課題でした。グループクラスの先生皆、生徒それぞれが話す機会を割り振ってくれたので全く話さないということはないです。


●あなたが留学した語学学校の良い・悪い点について教えて下さい。
気になったのは、プールが思いのほかオープンな場所にあるので、人の目が気になって泳ぎにくいことぐらいでしょうか 笑


●語学留学してよかったなと思うこと、悪かったなと思うことを教えて下さい。
留学しないで英語が苦手なままより、行って、英語を話そうとして良かったなと思います。マンツーマン授業は自分のペースでできるので、わたしに合っていました。

半年?1年近く留学したら、どのくらい変われたのだろうかと考えると、もう少し滞在してみたかったです。でも、中だるみな時もあったので、自分次第ですね。


●フィリピン留学を実りあるものにするために留学前・留学中何か心がけることはありますか?
勉強面では「マンツーマンの授業、リスニングの授業、グループクラスの授業の満足度を教えて下さい。」の質問にお伝えした通り、自分で授業を作る術を身につけること。先生とコミュニケーションを撮ることで大抵の問題はクリアできるので、相談することだと思います。

留学前に単語やボキャブラリーがあまり増えなかったことを悔やみました。あったら、あったで、話しが進みます。=会話力も更に上がったでしょう。あとは、楽しむ精神と柔軟な心。それと健康でしょうか。

留学中にも気持ちのムラがありました。それらの対処法を用意しておくのも、英語上達の近道だなぁと思いました。


●フィリピンの語学留学を体験して、一番心に残っていることを教えて下さい。
いろいろな人と関われたことが最大の関心事です。

1タームで最低6人の先生と向かい合い、日々200人近い生徒と顔を合わせる。閉鎖的な環境が苦手なわたしですが、それでも語学力を伸ばすのも、留めるも、人との関わりによってなされるものが大きかったと思います。フィリピン人はおおらかな人ばかりでした。だいたい陽気です。

30代 女

サブコンテンツ

このページの先頭へ