トレドシティにある市場に行ってきた

シティリンクというバス停からバンタイプの車に乗ってトレドシティにいきました。シティリンクは、セブサウスバスターミナル(CEBU SOUTH BUS TERMINAL)のすぐ近くです。ここからいろいろな地域に行くことができます。


バンタイプの車をこちらでは、VHIREといいます(ヴィーハイヤー)これに乗れば、いろいろな地域に行くことができます。トレドシティまでは100ペソで行くことができます。タクシーの運ちゃんにどこ行くの?と聞かれて、トレドと言うと、タクシーで行かないとうっとしい勧誘があらいました。確か1200ペソくらい要求してきます。タクシーでいく意味がわかりません。私が「200ペソならいいよ」というと、タクシーの運ちゃんも苦笑い、それ以上、勧誘はしてこなくなりました。


タクシーの運ちゃんの提案で、それはグッドアイデアという提案を聞いた試しがありません。

100ペソと値段は安いですが、3人で座るところを4人で座らされてすし詰め状態です。私は前の助手席を2人分の値段を支払い、ゆったり席を確保し、車窓を楽しんだり、眠ったり、心地よい車での旅でした。助手席が一番座り心地がいいので、もし一人で旅するのであれば、積極的に助手席に座りたいと交渉しましょう。日本人らしくちょっといやらしいですが、日本はお金持ちの国という特権を利用して座席2人分を買って、助手席を独占するのもいいと思います。ちょっと他の人から見ると、感じ悪いかもしれませんが・・・

トレドシティのバンの停留所です。降りたところを自転車タイプのトライシクルの勧誘にあいました。外国人だと思い、高い値段をふっかけられそうです。私は相場がまったくわかりません。市場はすぐ近くです。景色やその雰囲気も楽しみたいので、歩いて市場までいきました。


こちら市場です。


市場はとても大きいです。トレドシティに住むフィリピン人はここで、日々の食品を購入しているのだと思います。日本の大型スーパー的な感じでしょうか。


フィリピン産の野菜がいっぱいです。


スイカの値段を訪ねてみました。スイカは1個300円くらいです。新鮮で美味しそうなマンゴーが横に山のように積まれています。マンゴーもセブシティのショッピングモールで買うよりもずいぶんと安い値段で買えそうです。


魚がいっぱい。


こちら小エビに味付けをしたものです。小さなパックだと2ペソで売られていました。とっても安いのとどんな味なのか興味があったので買ってみました。味の方はというと、めちゃくちゃ塩辛いです。一口しか食べられません。お店の人に聞いてみると、これはご飯と一緒に食べるのだそうです。


お魚娘



肉類も売られています。写真を撮っていいと聞くと、快くオッケーしてくれる親切なお店のひと。写真を撮ろうとすると、たくさん肉に群がっていたハエをはたきでどこかにやります。大丈夫です。お店の名前はいいません。


新鮮な魚が市場には並んでいます。


赤くてカラフルな魚さん



バナナは4つで10ペソ、約20円です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ