熱帯地方も果物マンゴスチン、ロンガン、ランブータン

日本では食べることができないフィリピン限定のフルーツを食べてみませんか。ここでは、日本のスーパーでは買うことができないフィリピンの果物を紹介します。



じゃがいもではありません。ロンガンと言います。値段はとても安くて道端でもよく売られている果物です。甘くて美味しいですが、手も口もネバネバして気持ち悪くなります。




マンゴスチンという果物です。果物の女王とも呼ばれています。たぶん、日本で買うとすごく高いと思います。フィリピンでもマンゴスチンは安くなく、一緒にいったフィリピン人は食べたことがないとのことでした(その友達が果物に興味ないだけかもしれません。)たしか1kgで200ペソです。


まずは頭の部分をとります。



皮をむくと白い身がでてきます。手で剥くことができます。包丁は必要ありません。


マンゴスチンは甘酸っぱくてすごく美味しいです。もう少し値段が安いと毎日食べたいぐらいです。


ランブータンは熱帯地方の果物でこちらも日本のスーパーでは見かけません。面白いというか、グロテスクな見た目です。



爪を立てることで指で剥くことができます。



味は楽天市場の感想を見るとライチに似ているそうです。マンゴスチンと比較すると、ジューシーさは低いですが甘味は強いです。ただ、果肉の中心にある種の薄皮が食べている時にとれて、食感があまりよくありません。

マンゴスチン、ロンガン、ランブータンのなかで私はジューシーで甘酸っぱいマンゴスチンが好きです。ただ、値段が少し高いのでコストパフォーマンスで考えると、ランブータン、ロンガンは安いのでこちらもおすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ