ライフセブ学校設備を画像で紹介

ライフセブの学校設備について見ていきましょう。

まずは4階の中庭にあるプールです。


これはライフセブのプールではなく、ウィンランドタワーが所有するプールです。なので他の一般のウィンランドタワーに住んでいる住人も利用します。ちなみにウィンランドタワーとは、ライフセブのオフィスや学生の宿舎があるビルの名前です。

定期的に虫をとったり薬をいれたり?メンテナンスもしていています。プールの水質維持のためにスタッフが働いているところを3週間の間によく見ました。また、プールのところにはガードマンもいます。もちろん、女の子の水着を見るためではありません。安全のためにガードマンがいます。

常に水が流れているのかわかりませんが、私が撮影したときは奥できれいな水が流れていました。



同じ中庭に小さなジムもあります。



なぜかボクシングジムも!?サンドバッグしかないですが。



同じ中には食堂とランドリーショップもあります。ランドリーショップです。ランドリーショップにはやる気のないおっさんが2人か3人ぐらいいます。ゴロツキではありません。


服は次のような紙と一緒に提出します。日本語も書かれているので英語の苦手な人でも安心です。次の日に服が戻ってくるので、必ずなくなっていないか確認しましょう。1週間後に気づいても、その服は戻ってきません。



食堂に入っていきましょう。食堂はでかいです。150席以上あったと思います。


食事はバイキングスタイルで取り放題です。昼と夜はご飯におかず2品、キムチとスープがでます。



ウォーターサーバーとコップは入口の近くにあります。



4階のライフセブの入口です。では、中を見ていきましょう。



こちら受付です。受け付けにはいつも2人か3人のスタッフが働いています。なんか受付の人は話しかけにくい人ばかりです。



こちら自習室です。とても簡素な施設です。





パソコンルームです。パソコンは全部で5台あります。一番右側のノートパソコンは学生の私物かどうかわからないのでもしかしたら4台かもしれません。スペックは使っていないのでよくわかりません。


こちらマンツーマンで使っている教室です。必要な設備は整っていますが、セブ島ではちょくちょく停電があります。マンツーマンの教室には窓がないので、もし停電になると、暗闇の中で勉強することになります。私は卒業する最後の日にちょうど停電があり、最後の授業が暗闇の中で勉強という、とっても悲しい授業になり、生涯忘れることのない思い出になりそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ