Cleverlearnの授業レポート

Cleverlearnではどのような授業が行われているのか、1週間分をレポートにしてこちらでまとめたいと思います。実際にどのような授業が行われているのか参考にしてください。ただ先生によりまた担当するジャンル(文法、スピーング&リスニング)などにより授業の内容は大きく違うと思います。

僕がここに書いた内容はあくまで一例です。訪問者さんが実際にCleverlearnにきたとき同じ授業をうけることになるというわけではありません。また先生により教え方のうまい下手はあります。

※1週間分の授業レポートを書く予定でしたが、パソコンが故障したため1日分しか書いていません。申し訳ありません。

月曜日
土曜日は午前中はある日本人学校にボランティアに行き、そのあとはある高級ホテルのスタッフと一緒にカラオケを楽しみ、そのまま朝の3時まで飲んでいました。そして、日曜日はバスケットボールを見学(本当は一緒にバスケとボールをしたかったのですが、参加者のレベルが高すぎて僕は参加を控えました。子供たちがやっていれば一緒にバスケットをしようと思ったのですが・・・)、そのあとあるフィリピン一家と車に乗って地元のビーチに行きました。そのまま夜まで一緒にいて・・・つまり宿題をやっていません。

なので、最初の授業時間ではまったくできなかった宿題をやることになりました。宿題が終わったあとには、個人的なお願いがあったので、そのことについて話しました(残念ながらその内容については公開できません)そのお願いについて先生と話していたら、時間が来て1時間目の授業は終了です。

2時間目は、会話について勉強するクラスです。先生が最初に「土曜日と日曜日は何をしていましたか」と質問しました。その質問に答えたあと、先生から「andばかりを使っている」と指摘されました。

そして今日、勉強する内容『SEQUENCE』について説明してくれました。SEQUENCEでは、first of all/to begin with/to startを最初に言います。そのあと、next then also afterを使い最後にfinally/in the endで締めくくります。

上の言葉を使って実際に話す練習をします。カレーライスの作り方や小学校から大学を卒業するまでを説明しました。私はスムーズに英語を話すことができないので、止まり止まりしながらスピーキングの練習をしました。

『SEQUENCE』の勉強をする前に少し、メールでの省略についての話もしました。フィリピン人からときどきメールをもらうのですが、そのメールの内容がよくわからなくて困っていました。たとえばwer r u?などです。これはwhere are you?です。そのほか、GTGはgo to goです。このような短縮した形をメールではよく使うようです。これらはinformalな英語だということを先生は話してくれました。

3時間目はTの発音についての勉強です。Tには発音の仕方が4つあって、一つ一つ例を出しながら発音について勉強しました。Tをほとんど発音しないものからDに発音を変えるものなど、そのセンテンスによって発音の仕方が変わるのは難しいですね

4時間目はmoody lazy temptingなどの単語について先生が「この単語の意味は何?」と質問してきます。それに対して英語で答えなければいけないのですが、そもそも英単語の意味がわからないので四苦八苦してしまいました。

後半はCleverlearnでは2週間に1度テストがあるので、そのテスト問題を解きました。テストが難しすぎるので、
I am lazy
I lack the mind to solve the test
と不平不満の英単語を調べてはつぶやいていました。嫌な生徒ですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ