セブ・ラングリッチカレッジの手数料が高いのが残念

ファーストウェルネスイングリッシュアカデミーという語学学校に行き、日本人資本の学校の良さを感じました(たまたまこの英語学校のトップの方が対応がよくて、そう感じただけかもしれませんが)

そこで、ほかに有名な日本人経営の語学学校がないか調べてみました。その中でセブ・ラングリッチカレッジという語学学校をみつけました。セブ・ラングリッチカレッジは、フィリピン人の講師を雇ったマンツーマンのオンライン英会話としても有名な会社です。

ラングリッチというオンライン英会話は日本人が経営しているので、おそらくセブ・ラングリッチカレッジも日本人経営の語学学校です。さっそく今度はこの日本人経営の語学学校を申込もうとしたのですが、少し気になることがありました。

それは事務手数料が他の語学学校に比べて高いことです。たとえばSSPという料金はセブ・ラングリッチカレッジだと7000ペソです。ですが、他の韓国資本の語学学校は6000ペソもしくは、6500ペソです。

さらにVISAの延長費用です。VISA延長料金はセブ・ラングリッチカレッジでは、毎回4030ペソとなっていました。


ですが、実際は、1回目が3030ペソで2回目がVISA延長料金が3290ペソ、3回目が2330ペソ、そして4回目が1320ペソです。理由がわかりませんが、VISAの延長回数により値段が変わってきます。通常、VISAの延長にはこれに手数料が上乗せされます。手数料はだいたい200ペソから500ペソくらいが平均です。

なので、セブ・ラングリッチカレッジのVISA延長にかかる料金は毎回4030ペソというは、料金設定としては雑に感じます。あと、光熱費も水道代やネット代込ということですが、他の語学学校に比べて、1週間1000ペソというのは価格設定が高めです

このようにどこの学校でしても本来同じ価格のSSP取得の費用、VISAの延長料金の高い学校だと、私は他の授業料に関しても割高なんじゃないだろうかと考えてしまいます。実際は、事務手数料的なものは割高だけど、授業の質、部屋のクオリティ、学校が提供するサービス全体はすごい他の語学学校に比べてセブ・ラングリッチカレッジは素晴らしいということもあります。なので、なかなか判断は難しいですが、もともとケチな性格をしているので、なんか事務手数料が高いと損をした気分になります。たぶん、このホームページを作るため、そして私自身の語学学校に関する知識を増やすためにセブ・ラングリッチカレッジに行ったとしても、2週間ぐらいがいいのではないでしょうか。しかし、同じ日本人経営の語学学校のファーストウェルネスイングリッシュアカデミーに比べると、食事が毎回ついてきます。その点を考えると、食事が美味しいのであれば、セブ留学を考えていて、さらに日本人経営の語学学校がいいというのであれば、セブ・ラングリッチカレッジも魅力的な語学学校だと思います。

セブ・ラングリッチカレッジとファーストウェルネスイングリッシュアカデミーの料金を比較してみました。すると、セブ・ラングリッチカレッジの方が安いです。マンツーマンの時間もセブ・ラングリッチカレッジのほうがおおいです。

ということは、事務手数料は高いけど、総合的な値段はファーストウェルネスイングリッシュアカデミーよりセブ・ラングリッチカレッジの方が安いです。ということは、多少、事務手数料では割高の語学学校ですが、セブ・ラングリッチカレッジも行ってみる価値ありです。このホームページではけっこう本音でいろいろなことをバシバシ書いちゃうので、語学学校側としてはウェルカムではないかもしれませんが、時間がありましたらセブ・ラングリッチカレッジにも行き、レポーとしたいと思います。お楽しみに。

ついつい簡単に目でみてわかる事務手数料だけで、語学学校を判断しようとしてしまいましたが、それはよくないかもしれません。マンツーマンの時間の長さ、料理の質、昼食や夕食は学校の食堂で食べることができるのか、部屋のクオリティ、そして総額がいくらになるのか、全体で判断する必要がありますね。

※この記事は2012年8月28日に書いています。なので価格は変動している可能性があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ