人生をエンジョイしようという姿勢に影響を受けた

年齢28歳 男性

1、英語を勉強する目的・動機について教えてください
私の場合、大学を卒業したあとにフリーターをやっていて自分の道を決めないといけないと思ったんですね。最初は世界一周をしようと思いました。お金が貯まったので海外に行きました。最初にインドに2ヶ月くらい旅行しました。そのときに非常に英語が話せないなと痛感しました。

カルカッタに生前マザーテレサが活動の拠点にしていたマザーハウスがあります。そこで、10日間ボランティアをやってみました。いろんな国から人が集まっていて、半分くらいは日本人だったのですがフランス人やドイツ人なども多くて、ヨーロッパの人たちはみんな英語で会話をしていたんですね。

そこで英語の話せない日本人は日本人同士でしか集まることができず、ちょっと英語を勉強したいなと思いました。


2、いろいろな語学学校がある中、Cleverlearnを選んだ理由について教えてください。
クレバーラーンに来る前にほかの学校にいました。フィリピンに来る前にバングラディッシュにいてそこからフィリピンについたらすぐに語学学校を探しました。もともとインドにいる間にフィリピンの語学学校で勉強をしようというアイディアはありました。

ホームページがよくて、そのホームページを管理しているエージェントを通してライフセブという語学学校に行きました。そこで11週は勉強しました。

ライフセブはとても良い学校だったので、卒業1ヶ月前に延長を希望しようとしました。しかし、すでに予約がいっぱいで延長することができませんでした。

予約ができず、困っていたのでセブイングリッシュというエージェントに相談しました。ライフセブを紹介してもらったエージェントが非常に評判が悪かったんですね。僕がライフセブに行ったとき、そのエージェント経由できていた人がいっぱいいたんですけど、お金を振り込んでしまったら、うんともすんとも質問をしてもアフターケアもなくほったらかしのエージェントでした。いろいろ質問しても反応がないエージェントでした。

ライフセブでエージェントについて話をしているとき、セブイングリッシュは非常に評判がよくて今度はセブイングリッシュ経由で別の学校を頼むことにしました。そのとき紹介してくれたのがクレバーラーンです。


4、留学期間はどれくらいになりますか。また、何週間目(何ヶ月目)ですか。
ライフセブに11週いてクレバーラーンは9週です。ちょうど最後の週になります。


5、Cleverlearnで勉強する前と勉強したあとで何か変化を感じますか。
スピーキングのスキルが上がりました。僕は大学時代もしっかりと勉強していて英語には自信がありました。しかし読むことが中心の勉強だったので、それほど話すことはできませんでした。

それなりにインプットがある状態で来て、アウトプットのトレーニングを留学中にすることができます。この経験は僕にとって非常に効果的な英語学習になりました。

ただ、ライフセブにいたときは高校受験をしてなくて、もしくは大学卒業後10年ぶりくらいに来て、とにかくフィリピンにくれば話せるようになるだろうと思ってきたけど、必要な知識が足りなくて質問したくてもできないという人がいました。フィリピンでの語学留学は日本語が通じないので質問する場合、英語で質問する必要があります。

なので、たくさんの文章を読んできた経験があるとか、文法の知識があるとか、ある程度、留学前に英語の勉強をしたほうが、より効果的だと思います。


6、Cleverlearnの食事はどうですか。
僕が前にいたライフセブはほかのアヤラモールとかSMモールとか行った時に、ほかの語学学校に行っている人と会う機会があるんです。そのとき、話してわかったんですけどライフセブの食事は美味しい方らしいです。

僕にとってライフセブの食事は韓国資本の学校なので少しからかったです。僕はライフセブの食事よりもクレバーラーンの食事のほうがおいしかったです。クレバーラーンの食事は僕が聞いた話だとセブ島やマクタン島にある語学学校の中ではトップクラスでおいしいらしいです。


7、セブ島の治安について実際体験したこと、聞いたことなどを教えてください。
僕の知っている範囲では誰かが怪我をしたとか被害にあったという話はありません。ただ前のライフセブでのオリエンテーションのときに、腕に自信のある兵役を経験した韓国人の人がフィリピンの悪い奴と喧嘩になったという話を聞きました。

このとき、抵抗せずにお金をだしていれば特に問題はなかったと思いますが、抵抗して、その結果鉄砲で撃たれて全治五ヶ月の怪我をしたという話は聞きました。


8、Cleverlearnの先生についてお聞きします。
・教えることに対して先生から熱意を感じますか。
正直、人によりけりでプロフェッショナルとしての姿勢がしっかりとしている先生とそうでもない先生と当たり外れはどこの語学学校でもあると思います。ただ、ライフセブでは先生の数は100人だったので管理しきれていない部分がありました。クレバーラーンは先生が30人しかいないのでハズレだなという先生は少ないです。

・教え方はどうですか。
僕の性格だと思うんですけど、真面目な先生というのは相手の呼吸を読まないで一方的に話している先生というのがいました。少しやりづらかったです。あと、僕の語彙力を伸ばそうと思っていろいろと難しい言葉を話している先生がいました。使っている言葉が難しくて僕にとって厳しかったです。

・教え方について、もっとこうして欲しいというリスエストや不満はありますか。
最初、クレバーラーンに入学した時、マンツーマンを2レッスン、1対4のクラスを1対8のクラスを受けました。1対8のクラスはネイティブの先生のクラスですが、配布する教材がものすごく低くて、そして話す機会もあまりなくて4週目くらいに1対1の授業に変えてもらいました。
※いちよ同じくらいのレベルの人が集まっているという名目になっているようですが、インタビューに答えてくださった留学生の方はあまり同じレベルの人が集まっているようには感じなかったようです。私はグループ授業を受けると他の方に迷惑がかかってしまいそうなぐらいレベルの低い英語力だったのですべて1対1の授業でした。


9、Cleverlearnの良い点・悪い点について教えてください。
良い点は僕は留学生向けの英語力判定テストであるIELTS(アイエルツ)でハイスコアをとりたいという目的があります。しかし前の学校であるライフセブではただ単に英会話の能力をあげるということが目的でした。

一方クレバーラーンはテストを受けてちゃんと結果が数字で出ます。だから授業のレベルも高くて要求水準も高くて、ちゃんと宿題もでたので具体的に集中するものができた。結果的に自分の目標であるIELTS(アイエルツ)で高いスコアを取るという目標に向かって頑張ることができました。ライフセブのときより勉強という面でよかったです。
※クレバーラーンでは2週間に1度、学力テストみたいなのがあります。

※悪い点についてはこちらをご覧ください。
語学学校の短所・欠点についての口コミ


10、セブ島に来てよかったなと思うこと、悪かったなと思うことを教えてください。
フィリピン人の先生と仲良くなって家に泊めてもらったりして話す機会をたくさん持つことができた点です。

日本では真面目というのは、プラスの意味で捉えるけど、こっちだとマイナスの意味になります。もっと人生をエンジョイしようという姿勢は日本人である僕にとってよい刺激になりました。フィリピン人を見習って僕自身、もう少しリラックスしていきたいなと思いました。

セブ島にきて悪かった点は本当にお金が減ったくらいです。


11、またフィリピン留学に行きたいと思いますか。またその理由を教えてください。
僕が大学1年生の春休みとかに来ているというのであれば、来年の夏休みにいきたいな、来年の春もまたいきたいなと思います。自分の今の状況から冷静に判断すると行くとは思わないです。


12、フィリピン留学を実りあるものにするために留学前・留学中何か心がけることはありますか。
どれくらいの割合で勉強してどれくらいの割合で遊ぶのか決めておいたほうがいいと思います。勉強7対3だとか5対5で遊びと勉強をやるぞみたいな。
※こちらについては留学前からある程度決めておくといいと教えてくれました。

勉強をがっちりとやるつもりなら、ちゃんと日本でできることはしておく必要があります。TOEICで600点以上700点以上とっておいたほうがいいと思います。じゃないとフィリピン留学でこちらにきても、スピーキングのトレーニングができないと思います。

そのほか留学中に心がけることとして、語学学校は密閉された空間になります。クレバーラーンも学校と住居が同じ場所にあります。なので、同じ空間を行ったり来たりの生活になります。その中で、一人の人が風邪をひくと、バッと全体に広まることがあります。

前のライフセブのときには、3週間に1度くらいの割合で風邪のブームがきていました。本当に基本的なことですが、うがい手洗いはしたほうがいいです。


13、フィリピンの英語留学を経験して、一番心に残っていることを教えてください。
いろいろな人との出会いです。勉強はもちろんですけど、あまり普段の生活では会えないような自分とは違うバックグラウンドを持った人と会うことができ、いろいろな話も聞くことができて、参考になりました。


14、フィリピン留学を検討している人に激励やアドバイスなどメッセージをお願いします。
ただ単にきただけでは、英語を話せるようにはならないと思います。ほとんどの語学学校が学力を売るというよりは勉強した気分を売るところがあります。

フィリピンに2ヶ月いたというだけじゃなく、継続して勉強したほうがいいと思います。以前、フィリピンの語学留学を経て英語が堪能になった人から聞いた話だと「8ヶ月はいないとダメだよ」と教えてくれました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ