カラオケができるファミリーKTV K1

フィリピンでKTVと聞くと女の子と一緒にお酒を飲めるキャバクラ的なところをイメージしますが、K1はファミリーでカラオケを楽しむための場所です。

場所は、crossroads,banilad,cebu cityです。たぶん、住所を言ってもわからないので、ファミリーカラオケK1と言って場所を知っているタクシードライバーに連れて行ってもらったほうがよさそうです。

料金は2時間いて約500ペソくらいでした(はっきりと覚えていません)人数により値段が違うのか、部屋により値段が違うのかは謎です。ちなみに私は二人でカラオケに行きました。料金にはサンミゲルライト4本、フード2品が含まれています。

私はフィリピン人の友達と何度かカラオケに行ったことがありますが、だいたいどの友達と一緒に行っても、宇多田ヒカルのファーストラブを歌ってくれます。フィリピンでは宇多田ヒカルのファーストラブはかなり有名なようです。

フィリピン人のラップ歌手がファーストラブの歌詞をアレンジしてラップで使っていたりもします。ちゃんと宇多田ヒカルが所属する事務所側にはちゃんと許可をとっているのでしょうか。無許可のような気がします。ラップの部分はその多くがタガログ語なので理解できないですが、突然、日本語の歌詞が現れてびっくりしました。

ファミリーKTV k1では、英語の曲のほか、フィリピンの歌、日本の歌、韓国そして中国の歌があります。

英語の歌は歌ったり聞いたりすると、英語を上達させる上でも役に立つと思います。日本人グループだと、どうしても日本語のうたばかりになると思います。また、韓国人と日本人のグループで行っても、韓国語の歌、日本語の歌ばかりであまり英語の歌は歌わないと思います。せっかくフィリピンに来ているわけです。学校の先生と一緒に行ったり、フィリピン人の友達と一緒に行き、英語の歌を歌い聞くようにしてみてはどうでしょうか。けっこうフィリピン人はタガログ語の歌ではなく英語の歌を歌います。

全体的に日本人よりもフィリピン人の方が上手に歌を歌うような気がします。もちろん、中にはフィリピン人でも音痴な人はいますが・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ