予習復習をせず遊びながら英語を飛躍的に上達させる方法

UVESLという語学学校に行っていたときの話です。マンツーマンの授業で雑談をしているとき、次のような話をしてくれました。

ある日本人の留学生がUVESLで6ヶ月間勉強していました。彼は最初、英語をまったく話すことができませんでした。ですが、6ヶ月後には、英語がペラペラに普通に英語でコミュニケーションができるレベルになっていたそうです。

私もフィリピンで6ヶ月間、勉強していたので彼がどれくらい英語が上達したのかすごく気になりました。なので、先生に彼の最初の英語のレベルと卒業前の英語のレベルを聞いてみました。すると、入学したときはBeginnerだったそうです。

そして卒業したときには、Advancedになっていたとのことです。ちなみにUVESLのクラスは、次のようになっています。
Beginner→High-Beginner→Low-Intermediate→Intermediate→High-Intermediate→Advanced

彼の英語の上達スピードは凄まじいです。だいたい、通常の大学生でHigh-Beginnerレベルです。関西の有名な私立大学である、関西大学、関西学院大学、立命館大学、同志社大学、そして東京の有名な私立大学法政大学、明治大学、中央大学、立教大学、早稲田大学、慶応大学などに行っている現役の大学生であれば、Low-IntermediateもしくはIntermediateです。

東京大学や京都大学の学生であっても、その英語力はIntermediateレベルです。

それが、英語が全くできなかったビギナーの留学生がAdvancedまで上達するのはすごいです。ネイティブの人とも通常の英会話であれば、問題なくできるレベルでしょう。

私は、毎日予習復習をしっかりして、自分にかなり厳しい留学生だと思っていました。しかし先生が言うには、彼はまったく復習をしていなかったそうです。

なぜ復習しないで、そんなに英語力が伸びるのか、とても不思議に思いました。先生が言うには、彼は毎日、飲みに行ったり遊びに行っていたそうです。決して真面目な学生ではなかったそうです。

毎日、遊びに行って、なぜ英語が上達したのかますます不思議です。さらに話を聞いてみると、どうも、この英語が飛躍的に上達した学生はレストランに行くと、気軽にアメリカ人やヨーロッパ人に声をかけてすぐに声をかけるすごくフレンドリーな性格だそうです。そしてネイティブで英語を話す友達が何人もいたとのこと。

さらに語学学校でも、自分を教えてくれている先生以外とも気軽に休憩時間は話をしていたそうです。

若い学生さんかと思ったのですが、年齢を聞くと、すでに離婚をしていて子供もいる年齢だそうです。たぶん40歳くらいと先生は言っていました。

わたし自身、若い年齢ではなく物忘れも激しい、一方、なかなか新しい英単語を覚えることができません。上達のスピードもすごく遅かったのですが、このように40歳で飛躍的に英語を上達させた人の話を聞くとすごく勇気が湧いてきます。

ちなみに私は6ヶ月間英語を勉強して、Beginner→High-Beginner→Low-Intermediateと2段階しか上達していません。人と比べると悲しいのですが、私の場合、その6ヶ月間で7つもの語学学校を回っているので、効率的に英語学習ができているわけではありません。

少し言い訳ですが、こちらの記事も書いていて、だいたい6ヶ月で300ページ以上の記事を書いています。なかなか英語が上達しないのですが、自分を信じてこれからも頑張っていきたいと思います。

もし、飛躍的に英語を上達させたいのであれば、レストランなどで気軽にアメリカ人に話しかけて、友達を作り、英語を話す環境を作る、これが一番早く英語を上達させる方法なのだと思います。

フィリピンには定年退職して、こちらでのんびりと暮らしているアメリカ人がたくさんいます。彼らはすでに仕事をしていないことも多いので、暇を持て余している人もいるでしょう。気軽に話しかけると、友達になってくれるかもしれません。私は、少し恥ずかしがり屋なので、試したことがないのでわからないですが、実際にレストランで声をかけて、アメリカ人と友達になり英語を急激に上達させた人がいるので、やってやれないことはないと思います。

本気で英語を上達させたいのであれば、休日に日本人、韓国人とどこかに出かけるのではなく、レストランでネイティブアメリカンの友達をつくり彼らと一緒に酒を飲み、本場の英語を聞き、話すのがベストだと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ