比留学の中でマニラよりセブ島留学が安全という勘違い

比留学をする人に、どうしてセブ島を選んだの?と聞いてみると「他の地域に比べて安全だから」「観光もしたいから」「スキューバーダイビングをしいたいから」「海がきれいだから」という答えが返ってきます。

そのほとんどが正解です。ただ、「他の地域に比べて安全だから」という答えには私は納得できません。今まで、私はマニラ留学で6週間、クラーク留学で5週間、そしてセブ島留学で9週間います。

最初に、セブ島に行き、そのあとマニラ、そしてクラーク、そしてまたセブ島に戻ってきました。いろいろな日本人の方に、実際に危険な目にあったことがありますかと聞いたとき、マニラ、クラークでは一人も危険な目にあった人はいません。一方、セブ島では実際に私の友達が3人、お金を巻き上げられる、携帯電話を盗まれるという事件にあっています。そして他の留学生ですが、セブ島のディスコでトラブルに会った人もいます。

私の友達は3人とも、アヤラモールというショッピングモールで被害に遭っています。アヤラモールは外国人向けの高級なショッピングモールです。2人は親日家というふうに声をかけてきたフィリピン人で、その人と仲良くなったあと、家に呼ばれ、そこでお金を巻き上げられています。英語学校でも、一番英語が上達する方法は平日は英語学校で勉強して、土日は英語を使って遊びに行くことだと言っています。つまり英語の話せるフィリピン人の友達を作って一緒に英語を使い、生活の中で英語を学ぶということだと思います。

日本人もせっかく外国にきたのだから、その国の友達を作りたいとかんがえています。そこを悪いフィリピン人が利用して、留学生にフレンドリーに近づきお金を巻き上げています。私の経験では、ショッピングモールや外国人が集まるような場所、ディスコ、夜の繁華街などで声をかけてくるフィリピン人は危険です。無視したほうがいいです。

一方、田舎や道端で声をかけてくるフィリピン人は親切な人がおおいです。フィリピン人の友達を作りたい人は騙されることも覚悟で、その人と仲良くなるのもいいかもしれません。私は信頼できる人かどうかは、先にフェイスブックのアカウントを聞いて、その人の素性をサッと調べます。もちろん、写真のない人、フェイスブック内での友達が少ない人、フェイスブックのアカウントを持ってないとう輩は怪しいのでパスしています。

一番安全なのは、習い事をして、そこから友達を作ることでしょうか。私もダンススクールに通っていた時があり、そのときにフィリピン人の友達ができました。スポーツクラブにもたくさんのフィリピン人がいるので、そこで友達をつくるのもいいと思います。私も、スポーツクラブで友達ができ、フェイスブックも交換しましたが、私も英語が下手、彼も英語が下手というコミュニケイションをとるには、非常に難しい環境なので、ちょっと音沙汰がありません。

もう一人は、ショッピングモールを歩いているときに、子どもに携帯電話をバッグの中から盗られてしまいました。iPhoneなどの高い携帯電話は絶対外で触ってはいけません。悪いフィリピン人があなたを見ています。フィリピン人でさえ、高い携帯電話は外で利用しません。安い携帯電話を利用して、高い携帯電話はバッグの中にしまっています。

もう一つ、携帯電話や財布はチャックのついてポケットやカバンにいれるようにしましょう。今回、iPhoneを盗まれた友達もバッグの中にいれていただけなので、子どもが油断している隙にカバンに手をつっこんできて、そのあとIPhoneを盗み逃げていったそうです。

私もディスコで携帯電話を盗まれました。そのとき、ただポケットに携帯電話をいれていただけでした。

ここからが本題です。どうも、セブ島はフィリピンの中では安全という考え方は間違っているような気がします。いろいろな人にインタビューをして、危険な目にあっている人の数がクラークやマニラに比べて、セブ島はおおいです。危険な目というのは、何も拳銃を突きつけられたとかではなく、たんにお金を盗まれた、物を盗まれたという意味ですが。

たぶん、セブ島はたくさんの観光客や留学生がきています。一方、マニラはビジネスマンがおおいです。なので、お金や物をだまし取ろう、盗み取ろうと考えている悪いフィリピン人はどうも、マニラからセブ島に移動してきて、こちらで悪さをしているように感じます。

そしてセブ島にきている留学生はマニラにいる留学生より危機意識が低いように思います。ネックレスやアクセサリを身につけない(指輪はいいかと思います。ネックレスやイヤリングはよくありません。泥棒に引きちぎられるかも。)高価なものを外でだして使わない(iPhoneなど)

何かトラブルに巻き込まれるとせっかくの楽しいフィリピン留学が台無しです。ここは外国であるという意識を持ちながら、楽しい海外生活を送ってもらいたいと思います。

この地域は安全と言われているところにほど、悪い奴は集まります。なぜなら、そこにはフィリピンについてあまり知識のない外国人が集まるからです。気をつけてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ