クラークの英語学校CIP日本人スタッフの対応に感動

エージェントより事前に集合場所と集合時間はメールでもらっていました。なので、特に連絡がなくても、問題なく集合場所に着くことができるわけですが、集合日の前日にご丁寧にもCIP(Clark Institute in the Philippines)の日本人スタッフの方から電話をいただきました。

集合時間、集合場所の最終確認です。マニラ空港には第一ターミナル、第二ターミナル、第三ターミナルがあり、歩いて別のターミナルに行くのは難しいようです。私はそのことを知らなかったので、教えていただきとても助かりました。日本人スタッフとして語学学校で仕事をしているだけあって、対応がとても丁寧です。

名前はインターネットという性質上出すことができませんが、某語学学校の学生スタッフは『学生』スタッフということでやはり気分は学生です。生徒の側に立ってサポートをしようという気持ちは感じられず、最低限、エージェントから言われたことしかしないという感じで、わたし自身、その語学学校でいろいろわからないことがあっても聞くことができませんでした。わからないことがあれば、いつも同じクラスメートの人から教えてもらっていました。

CIP(Clark Institute in the Philippines)の日本人スタッフの方は電話での対応、そして空港からのピックアップ前日に電話をくださるところから判断すると、信頼できる日本人スタッフだと思います。これから1カ月間、安心して学習できそうです。

おそらく、私はフィリピンにいるのでたまたま電話があっただけで、日本からの場合、現地から前日に電話があるかどうかはわかりません。でも、とても話し方が丁寧で、こちらが質問したことにも的確に答えてくれているので、安心できる日本人スタッフの方です。
※といっても、こちらはあくまでフィリピンです。日本と同じような会社のサービスは期待できません。たとえばトイレが詰まったとき、トイレが詰まったのでと伝えただけでは、やはりいつになるかわかりません。忘れられている時もあると思います。必ず、いつにしてもらえるか、時間帯を確認するべきです。でも、こちらの日本人スタッフは学生スタッフと比較すると確実に話ができるし、こちらの話も聞いてもらえます。もちろん、聞いてもらえるというだけで、こちらのお願いが100%受け入れてもらえるわけではありません。


空き時間を変更してもらえるか、先生についてのリクエストなど

※対応がとても丁寧なので、社員さんかと思ったのですがCIPの日本人スタッフはアルバイト的な学生スタッフとのことでした。でも、CIP内での権限がないというだけで私から見た感じは普通の社員とあまり変わりません。

※しばらく経過して、少し意見を変更させてください。やはり社員に比べるとマニュアルに対する対応はできますが、マニュアルにない対応は甘い気がしました。なので、学生スタッフと写真の間ぐらいのサービスだと考えてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ