マニラで観光ビザを延長するための方法と場所

観光ビザを延長するためには、イミグレーションセンターに行く必要があります。イミグレーションセンターに行く時、服装に注意してください。フィリピンではハーフパンツにサンダルで過ごすことが多いですが、なぜかハーフパンツやサンダルだとイミグレーションセンターに入ることができません。

観光ビザを更新できる場所は、マニラ市以外にもマカティにもあります。マニラ市のイミグレーションのオフィスは大きいですが、その分混みます。もしもマカティが近いのであれば、マカティのオフィスで延長することをおすすめします。あとは、昼から人が増えるので、午前中がおすすめです。

さて、マカティにあるイミグレーションセンターの場所ですが、Gil puyat aveとpaseo de roxasの交差点の近くです。この交差点にはBDOバンクがあります。そちらが目印になります。

BDO銀行の向かい側はライフフィットネスというスポーツクラブがあります。
ライフフィットネス

こちらの通りの5m先くらいにセキュリティバンクがあります。
セキュリティバンク

その向かい側がマカティにあるイミグレーションセンターです。
マカティのイミグレーションセンター

私が行ったのは平日の11時ころです。人は7人から9人ぐらいいたでしょうか。まずは必要事項を記入しなければいけない用紙をもらいました。私は辞書を片手に記入していきました。
観光ビザ更新に必要な用紙

英語がわからない人は誰かフィリピン人の友達かすでにイミグレーションセンターで観光ビザの更新を経験したことがある日本人と一緒に行くことをおすすめします。なぜなら、何を記入していいのかわからないときにスタッフに助けてもらうことができません。このイミグレーションセンターで仕事をしている人は忙しそうです。1から10まで丁寧に全て教えてくれません。チップを渡せば対応が変わるのかもしれませんが。

パスポートとビザ更新に必要な用紙、そしてお金を渡すと次は2時30分に来てくれと言われました。一度、自分の住んでいるコンドミニアムに帰るとタクシー代がもったいないので、こちらのイミグレーションセンターの地下にあるレストランで食事をすることにしました。
イミグレーションセンターのレストラン


チキンにご飯、無料のスープと有料のスープ、合わせて75ペソです。
フィリピン人職員が利用する食堂の食事


2時30分に行くと、パスポートと領収書をもらい、終了です。ちなみにビザは2ヶ月延長して4050ペソでした。料金の内訳は
acr re-issuance 250ペソ
head tax 250ペソ
monthly extension application fee 300ペソ
emigration clearance certificate 700ペソ
monthly extention fee 1000ペソ
certificate fee 500ペソ
legal research fee 50ペソ
の合わせて3050ペソです。


これにexpress lane feeが1000ペソかかりました。合わせて4050ペソの支払いですね。このexpress lane feeですが、当日受け取るためにかかる特別な費用なのだと思います。パスポートの受け取りは後日でいいのであれば、こちらの費用は節約できると思います。ただ、フィリピン人職員はなんの説明もしてくれないので、通常は自動的にexpress lane feeは請求されると思います。節約したいのであれば、自分でexpress lane feeは要らないと言う必要があります。ちなみに他のフィリピンブログを見ると、こちらを節約すると、パスポートの受け取りは14日後と言われたそうです。

1000ペソはかなり大金なので私としては、後日受け取りでもぜんぜん大丈夫なので、次回はこのexpress laneは利用しないつもりです。

さて、フィリピン留学では英語学校がビザの延長をしてくれますが、ビザの延長費用はどれくらいなのでしょうか、語学学校に手数料を支払いビザの延長を頼むのと、自分でするのではどれくらい費用が違うのか調べてみたいと思います。

最初はバギオにあるパインスという語学学校です。こちら、2回目と3回目のビザの延長費用を合わせると、6820ペソとなります。代行手数料として100ペソいただくと書いていますが、2回目のビザ延長費用は4410ペソ、3回目のビザ延長費用が2410ペソです。

私は1回目は語学学校でビザの延長を代行してもらい、今回2回目のビザの延長です。パインスのビザの延長費用は私のビザ2ヶ月分の延長費用よりも高いです。バギオではビザの延長費用がマニラよりも高いのでしょうか。

日本人経営のCNE1という英語学校の場合、2回目のビザの延長費用が4900ペソ、3回目が2900ペソです。

ただ、2つの英語学校はマニラのえいご学校ではないので、マニラのえいご学校と比較してみたいと思います。マニラの英語学校だとビザの延長費用も同じ料金体系だと思うので。

そこで、マニラにあるエイエンパワーという語学学校のビザの延長費用を見てみます。2回目が4800ペソ、3回目が2830ペソです。合わせて、7630ペソです。

もしもパスポートの当日受け取りのサービスを利用しなければ、2ヶ月分の延長費用は3050ペソですむので、3500ペソ以上、得します。

英語学校はVISA延長の費用の領収書を出さないので、学校側が明示した料金を留学生側は支払うしかありません。英語学校側でVISAの延長をしてくれるのはありがたいですが、手数料がいくらなのか、ビザの延長費用にいくらかかったのか、もう少し料金をはっきりと明示してくれるといいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ