高級中華料理のグランドマジェスティック(Grand Majestic)

ファーストウェルネスイングリッシュアカデミーという日本人経営の語学学校に行っていた時に仲良くなったホテルのフロントで働くスタッフを誘い、中華料理を食べにいきました。セブ市では老舗の中華料理のレストラン、グランドマジェスティックに行ってきました。

ブックオフで購入したるるぶによると、グランドマジェスティックでは、セブ島でもっとも大きな高級中華レストランだそうです。なんとこのレストランでは北京ダックが食べられるそうです。


こちらレストランの入口です。



1皿目


お肉がすごく美味しかったです。ステーキ肉を使った豪華なお肉でした。白身魚もなかなか美味しい。刺身のクオリティは低いです。セブで日本と同じようなクオリティの刺身を食べるのは難しいのかもしれません。

生の魚は食べたことはないというフィリピン人に無理やり刺身を食べさせてみました。まずいとは言いませんでしたが、めっちゃまずそうな顔をしていました。フィリピン人にとって生の刺身に醤油をつけて食べる日本人は変な人種に思われているのかな。


ハロハロ作れます



カリフォルニア巻きです。



フルーツアラカルト。私はパパイヤに挑戦してみました。マンゴーの方が美味しいです。



北京ダックも食べれます。



シェフが切り分けてくれました。



2皿目


北京ダックは皮がパリパリですごく美味しかったです。日本だと北京ダックを食べるとなると、すごい高い値段になると思います。グランドマジェスティックとブッフェで北京ダックを食べると、1人1200円くらいです。日本だとお得なランチレベルの値段で北京ダックを食べることができます。たしか1人あたりの値段は600ペソもしくは650ペソでした。

料理も全体的に美味しかったです。ぜひセブ島に旅行した時にはグランドマジェスティックに行ってみてはどうでしょうか。お勧めのレストランの一つです。

グランドマジェスティック(Grand Majestic)の住所です。
Cebu Convention Center, Archbishop Reyes Ave. Cebu City

タクシードライバーにはグランドマジェスティックと言えば、連れて行ってくれました。タクシーに乗る前に、グランドマジェスティックを知っているか聞き、タクシードライバーが知っていると言えば、そのタクシーに乗ってください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ