フィリピンのタクシー料金は激安

日本ではタクシーは値段がとても高いので全く使わないですが、フィリピンではよく使います。もともと、部屋でずっと勉強するのが苦手で好奇心旺盛な私は、とにかく暇があれば出かけます。

日本であれば、バイク、電車、バスなどを利用していましたが、フィリピンではタクシー近い場所であればトライシクルです。なぜ、タクシーを頻繁に使うのか、それは値段が日本のタクシーに比べると激安だからです。

実際に日本とフィリピンのタクシーの料金を比較してみましょう。

日本の初乗りの料金は660円くらいです。地域によって600円だったり地域によって値段が違うみたいです。そして300メートル走るごとに90円ほどかかります。

一方、フィリピンのタクシーの初乗り料金は40ペソです。これは日本円だと80円ぐらいです。なんと日本のタクシーの初乗り料金の八分の一です。そして300メートル走るごとに3.5ペソかかります。これは日本円で約7円です。なんと走行距離に対してかかる値段は日本の10分の1以下です。安すぎます!

道路の込み具合により値段も変わってくると思いますが、だいたい30分ぐらいタクシーに乗っていて120ペソから180ペソぐらいです。240円から360円です。フィリピンでは日本でバスに乗っているいるような感覚でタクシーの乗ることができます。

フィリピンは年中暑いですが、タクシーに乗っていれば快適です(ボロボロのタクシーだとクーラー機能が壊れているのか、めちゃくちゃ車の中が暑いタクシーもありましたが)トライシクルだと安いですが遠出には向きませなん。また、外の空気を吸うので体にもよくありません(マニラやセブ島の空気は日本に比べるとずいぶん悪いです)ジプニーも同じです。さらにジプニーだとたくさんの人が一緒に載っています。財布をすられた、ネックレスを引きちぎられたなどの事件も聞くので、社会人の方である程度、お金に蓄えがあればタクシーが快適でおすすめの乗り物です。

ちなみにフィリピンと日本のガソリンの価格を比較してみると、フィリピンのガソリンが120円ぐらい、日本のガソリンが145円ぐらいでした(ガソリンの価格は変動が激しいので同時期くらいで調べてみました。)決してフィリピンのガソリンが安いというわけではないですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ