フィリピンでものもらいになる?

昨日から目が痛いなと思いつつ、勝手に治るだろうとフィリピン人的なポジティブ思考でいたのですが、朝起きるとよくなっているどころか、目やにがたくさんあり、目もはれていました。

なんじゃこりゃ?と思いさっそくインターネットで何の病気か検索してみました。『目やに 目がはれる』で検索でしています。私はなったことがないので、よくわからないですが、病名は『ものもらい』だと思います。目の中に細菌がはいることによって起きる病気です。

症状がひどくなれば、まぶたを切開手術するとのことなので、これはちょっと面倒なことになりました。これ以上、症状が悪化しないことを祈るのみです。

さて、なぜものもらいになってしまったのか、原因を考えてみます。私はコンタクトレンズをしていません。また男なので化粧もしません。さらに目を触った記憶もありません。なので、目を触る機会というのはすごく少ないです。それに、今回、両目ともものもらいになっています。そこで、考えられるのが、シャワーの水です。このシャワーの水に含まれている細菌が目に入り、ものもらいになってしまったのではないかと思います。

日本の水とフィリピンの水は違います。日本の水は飲んでも問題無いですが、フィリピンの生水を飲めば確実にお腹を壊します。生水は飲まないようにしていましたが、よもや目がやられるとは思いませんでした。顔を洗うときや頭を洗うときなど、できるだけ水がめにはいらないように今後、注意したいと思います。

なお、私は医科大学を卒業したわけでもなく、勝手な想像で書いています。なので、ここに書かれていることは専門学的な見識に基づいて書いているわけではありません。もしかしたら、他の病気かもしれないし、原因も違うところにあるかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ