EIEN POWERの学校詳細情報

eien powerの学校詳細を私独自の視点で説明したいと思います。なお、エイエンジャパンのホームページにある『EIEN POWER Language International Center』の解説を参考に書いています。
※ここは違うんじゃないかなと思うところを中心に書いています。あくまで私個人の意見で、エイエンパワーを批判するものではなりません。フィリピン留学を検討している人に様々な視点で判断するための情報を提供するという目的で書いています。

エイエンパワーはオルティガスセンターという場所にあります。ここは商業地区として有名な場所で、マニラの中でも比較的安全な場所です。私たちが住んでいるビルすぐ前にはミニストップがあり、便利です。徒歩圏内にマッサージ屋やマクドナルド、ケンタッキー、スターバックスなどもあります。

ただ、『日本と変らない快適な生活ができます』とは私は思いません。まず、車の渋滞がすごいです。すぐ近くにSMメガモールがありますが、帰りにタクシーをつかまえるのは一苦労です。かなりタクシー待ちの人がいて、20分30分、人が多いときは待たなければいけません。金曜日の夜や土曜日は絶望的です。外国人だとみると、怪しげなタクシーの運ちゃんが「200ペソでどう?500ペソでどう?待たなくていいよ」など法外な値段をふっかけてきますので、注意してください。

そして空気が悪いです。道路沿いを20分ほど歩くと空気の悪さで私は気持ち悪くなってきます。そしてエイエンパワーの部屋は狭く、トイレやシャワーがありません。共同になります。これでは『日本と変らない快適な生活ができます』と私は思いません。なので、お金を持っている人は近くのホテルに泊まって通っています。

私がエイエンパワーに留学している時も一人、お金持ちの方がリッチモンドホテルから通っていました。リッチモンドホテルは1泊いくらするのか聞いてみると、1万円とのことです。私には無理ですが、リッチモンドホテルに泊まれば、日本と変わらない快適な環境を提供してくれるかもしれません。

ビルの中にプールがあり、無料で使えるとか使えないとか。水は緑色で確実に飲めば腹を壊しそうな水です。水が緑色なのは何か温泉の元でもいれたのでしょうか?シャワー室もなく、ビルの住人がたまに使っているのを見ますが、エイエンパワーの学生が使っているのは見たことがありません。
※私がいたのは3週間です。

門限は24時ということですが、1時に帰ってこようが4時に帰ってこようが問題はありません。部屋でビールを飲んで、ビンをドアの前においていると、エイエンパワーのフィリピン人スタッフが片付けてくれています。食堂でビールを飲んでいる人もいました。なので、エイエンジャパンのホームページでは門限12時、寮内での飲酒は禁止とのことですが、特に厳しい決まりはないようです。

私がいたときは大学生がほとんどいなくて、社会人留学生ばかりです。部屋でビールを飲む人も門限を守らない人もみんなマナーを守って夜は静かにしていました。なので、夜騒がしくて眠ることができないということはありませんでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ