エイエンパワーの授業レポート

3コマ目はスピーキングとグラマーの時間です。まず、先生が前置詞の使い方をボードを使って説明してくれました。習った前置詞はin at on toです。もちろん、中学校のときに前置詞は習ったのですが、英語で改めて教えてもらうと新鮮です。

たとえば、inの場合、6つの使い方があります。ひとつは1月、2月などのin november、in decemberなどです。2つ目は季節です。in winterなどです。

3つ目はcontryです。in japanなどです。4つ目は町です。in tokyoのような使い方です。

5つ目は朝や夕方などの1日の中にある部分を説明する言い方です。in the morning、in the eveningなどです。ただ、noonやnightの場合、at noon、at nightになるのは難しいですね。

最後の使い方は海や湖等の水場に関する場合です。in the sea、in the oceanなどの使い方です。

先生は例文を書いて、具体的に説明してくれました。その後、理解力を試すために小テストをします。私の正解率は80%ぐらいです。動詞のあとにhomeがくる場合は前置詞がいらないのでしょうか?私は、homeのあとに前置詞を使ってしまい、その分間違いが増えてしまいました。

例文
i went to mary's house wasn't home

went marysの間に空欄があり、どの前置詞が入るか考えます。また問題によっては前置詞が入らない場合もあります。同じく、wasn't homeとあり、間に空欄があります。私はhomeというのはある特定の場所だと思い、前置詞atを入れましたが、前置詞はいらないようです。

小テストが終了したあとは、会話練習です。今日は前置詞の使い方に注意しながら先生と話をしました。先生は前置詞が使われるかもしれないような質問をしてきます。やはり1日で完全に前置詞の使い方をマスターするのは難しく、何度も表現の仕方を間違えてしまいました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ