フィリピンを出国のためにECCをイミグレーションで取得した

ECCと言っても、あの有名な英会話教室ECCジュニアではありません。フィリピンでは6ヶ月以上の長期にわたって滞在する人は、フィリピン出国の際にECC(EMIGRATION CLEARANCE CERTIFICATE)を取得しないといけないようです。

私もセブ島で留学中にフィリピンの滞在期間が6ヶ月を超えてしまったので、出国をする時にECC(EMIGRATION CLEARANCE CERTIFICATE)を取得しなければいけません。

これは滞在者の指紋をとったりするので、語学学校側が代行することはできません。なので、わたし自身、語学学校を休んで、ECCを取得するためにマンダウェーにあるイミグレーションセンターに行ってきました。

二度手間になると嫌なので、語学学校側に持ち物を尋ねると、パスポートとお金が必要と教えてくれました。こういうときは、なかなか英語で聞いて、理解するのが難しいので日本人スタッフがいると助かります。

さて、実際にイミグレーションセンターに行きました。ここでトラブルです。ハーフパンツだとイミグレーションセンターの中に入ることができないようです。


絵ではサンダルもダメのような感じで描かれていますが、サンダルはいいようです。ただ、用心のため靴を履いていくことをおすすめします。

でも、心配はいりません。私のような外国人は他にもたくさんいます。すぐにフィリピン人がよってきて、ズボンを100ペソで貸すと行ってきます。めちゃくちゃ汚いズボンを100ペソで貸すとか、どれだけぼったくりな商売しているのでしょうか。とりあえず、50ペソにして、借りました。

人の足元を見て行っている商売、すごく嫌いです。


この汚いズボン、履くと足元がすごく痒くなりました。絶対に変な虫がいます。こいつがその外国人の足元を見て、せこい商売をしている張本人。顔が少し見えている奴です。みなさんもイミグレーションセンターに行く場合は服装に気をつけてください。



さらに写真も2枚必要ということです。すぐ横に写真を撮ってくれるところがあります(笑)写真4枚で150ペソ、これは高いのか安いのかよくわかりません。ですが、いい商売には変わりありません。


このときにUVESLという語学学校に行っていたのですが、パスポートとお金だけでは全然たりません。日本人スタッフがいるからといって、頼りすぎるのはよくないですね。誰か、留学生にインタビューした時に言っていましたが、フィリピンに来たら、人を完全に信頼するのではなく、疑ってかかる必要があるみたいです。

フィリピンに住んでいる人は、たとえその情報に自信がなくても、堂々とあっているかのように答えます。なぜ、この日本人スタッフがフィリピン人と同じように知らないことに対して堂々と答えたのか、謎です。フィリピンに長く住むとみんなフィリピン化するのでしょうか。わからないことをわからないということは恥ずかしいことではありません。

これで、トラブルが終わればいいのですが、さらにトラブルが続きます。実際に手続きをするにあたって、先にピザの延長をしないとダメだと言われました。ビザの延長をしてから、次にECC(EMIGRATION CLEARANCE CERTIFICATE)の手続きをしろと言います。

私のビザはたとえば、5月6日まで滞在することができる状態になっています。しかし、フィリピンに来て、6ヶ月後というのは5月16日です。つまり先にビザの延長をして滞在期間を6月6日にしてからでないと無理ということです

私はすでに語学学校にビザの延長費用を払っています。さらに、今お金がありません。もし、銀行にお金をおろしに行くと、イミグレーションセンターの手続きが3時までなので間に合いませなん。ということで、授業を休んでイミグレーションセンターにいったにもかかわらず、なんの手続きもできないまま、セブシティからのタクシー代、長ズボンのレンタル代、写真代を支払っただけです。

私はイミグレーションセンターに行く前に二度手間になるのが嫌なので、事前に語学学校側に必要なものが何か訪ねていました。ですが、語学学校の情報は全く便りにならないものでした。すごくいい加減な情報をくれただけです。これなら自分でしっかりと調べて行ったほうがマシです。

さすがに腹がたったので、日本人スタッフに電話をして、
・何が必要が事前に確認したが、結局、ECCを取得できなかったこと
・授業を休んできたのに、結局ECCが取得できなかった。学校側としては授業に対する保証はないのか。

という旨を訴えましたが、当然のごとく跳ね除けられました。言葉遣いは丁寧ですが、対応はいい加減です。

文句を言えばスッキリするので、このことを引きずることはありませんが、みなさんも人からアドバイスを求めることは大切ですが、100%信頼するのではなく、しっかりと自分で調べてから行動することがフィリピンでは大切なようです。私も勉強になりました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ