自習室がうるさい語学学校

C21では50分授業で、授業のあいだに10分間の休憩時間があります。この10分間の休憩時間はよくわたしは復習や予習の時間に当てています(授業が終わったあとにまた英語の勉強をするのが嫌いなので、できるだけ学校にいるあいだに勉強全てを終わらせるようにしています)

c21の自習室では次のようなルールがあります。


部屋をきれいに保ちましょう
静かにしましょう
自分のものは自分でしっかりと管理しましょう
ドアはあけたらしめましょう

学校の方針としては実に生徒のことを考えた素晴らしい方針だと思います。学生が勉強に集中できるようにルールを作るのは素晴らしいです。

新しく黒人の方が英語を勉強にこられました。この黒人二人が自習室で音楽を鳴らしていたので、私は勉強に集中できず、注意することにしました。「すいません、ここは音楽禁止なんですけど。あそこにkeep silenceと書いてあります」と言いました。すると「音楽をかけていないよ。となりの部屋からだ」と言いました。私は音が大きかったので、てっきりこの新しくきた黒人の学生が音楽をかけていたのかと思いました。

本当に失礼なことを言ってしまいまいた。平謝りをして、そのあと隣の部屋を見てみました。


この部屋は韓国人の会計係の人が仕事をしている人です。SSPのお金やビザの延長費用を支払う部屋です。この部屋で仕事をしている韓国人スタッフが音楽をかけていました。普通に音楽をかけているだけだと思いますが、音量はおおきく聞こえます。原因は換気扇で自習室とこの韓国人スタッフが働いている部屋がつながっていて、壁がないのと同じような状態になっているためです。



また、たまにフィリピン人の先生がこの部屋で何やら仕事の話をしているときがあります。自習室の使用ルールにdont disturb or cheat other studentsと書いているのですが・・・

生徒に学校側が決めたルールを押し付ける前にc21で働いているスタッフがこのルールをしっかりと守るべきだと思いました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ