悪いタクシードライバーか良いタクシーか見分ける方法

私はトライシクルやジプニーが好きではないので、よくタクシーに乗ります。そのなかで、このタクシードライバーは良いタクシードライバーか悪いタクシードライバーかなんとなくわかるようになりました。悪いタクシードライバーに見られる共通点があります。

ぜひ、フィリピンで悪いタクシードライバーに捕まらないように先にこの記事を読んでいただけたらと思います。正直、フィリピン人でも悪いタクシードライバーに捕まり、嫌な思いをすることがあります。フィリピン人同士でも、タクシードライバーと乗客で喧嘩することもあります。

私の友達は、200ペソぐらいでいけるところを500ペソぐらい支払わされたこともあります。その友達はフィリピン人です。フィリピン人でも騙されたり、通常よりも遥かに高い法外な値段を払わされることがあるので、観光客や留学生はなおさら、危険です。ここで、悪いタクシーに乗らないコツについてかきます。

まず、空港です。空港には悪いタクシーやメーターをつかってくれないタクシーが多いです。その中でメーターをつかってくれるタクシーの見分け方を教えます。まず、このタクシーに乗れよ!と大きな声でアピールしてくるタクシーは乗らないでください。観光客狙いのタクシーで今までの経験でまず、良心的なタクシーに出会ったことがありません。

「タクシー探してるの?」と声をかけてきたり「へい!」とアピールしてくるタクシーはまず無視しましょう。物静かに列に並んでいるタクシー、ちょうど乗客を下ろしたタクシー等に直接じぶんで声をかけて、メーターでオッケーかどうか交渉しましょう。交渉といって「メーターオッケー?」と言えばいいだけです。むずかしい英語を使う必要はありません。

今まで、メーターが通常のタクシーと違うタクシーやメーターは使わないタクシー、変な暗い道に連れて行って目的地まで200ペソで行くという約束だったのにいきなり500ペソでしかいかないとわけのわからないことを言い出すタクシーなどに出会ったことがあります。

続いて、ビキニバーやKTVなど大人の遊び場の前に常駐しているタクシーにもろくなタクシーがいません。ビキニバーやKTVも外国人が行く店なので現地の人よりもお金を持っている人がおおいです。そんなお金を持っている客をターゲットにして店の前に常駐しているわけで、ろくなタクシーがいません。必ず「タクシー?」と声をかけてきますが、無視してじぶんでタクシーを見つけたほうが、リーズナブルな値段でタクシーに乗ることができます。まず、夜のお店の前でスタンバイしているタクシーにメーターだけを使用して目的地まで行ってくれるタクシーはいません。メーターが倍以上で高くなっていくタクシーに乗ったこともあります。メーターがとても変だったので「これは普通のタクシーか?」と聞くと「そうだ」と答えていましたが、40ペソから始まり一瞬で70ペソまであがったので、信号が赤になったときに何も言わずにおりました。もちろん、こちらを騙してタクシーに乗せたのでお金は払っていません。ただ、たちの悪いタクシーでじぶんでドアを開けることができないタクシーもあったので、くれぐれもご注意ください。

あと、事前に見分けることができないですが、よくしゃべるタクシードライバーはなぜかわからないですが悪いタクシードライバーがおおいです。私はいろいろな人と話をするのが好きですが、何かよからなぬことを企んでいるために話してくるタクシードライバーが多いので、最初は話をしていることも多いですが、無視するようになりました。話しかけても私が無視するので、タクシードライバーも音楽やラジオをつけたりします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ