フィリピンセブ島で歯医者に行ってきた

私はタバコを吸うわけでもなく、また紅茶や緑茶を飲むわけでもないのですが、なぜか歯が汚れてきます。日本に帰るまで我慢しようと思っていましたが、汚れがひどくなってきたので仕方なく、フィリピンの歯医者に行きました。

フィリピンの歯医者、イメージでは施設が整っていなくて汚いイメージがあったのですが、そのイメージをすっかり覆されてしまいました。いつも私が行っている歯医者よりもずいぶん綺麗な歯医者でした。

私が行った歯医者はアヤラモールの地下1階にあります。すごい綺麗です!



特につばを吸い込む機械は、フィリピンのほうが最新でした。日本ではあのつばを吸い取る機械、音がうるさいです。いかにも唾を吸い取っていますというのをアピールするかのように音を立てます。でも、フィリピンのつばをとる機械は無音です。静かにでもちゃんと仕事はしてくれます。

歯の掃除は歯科医がして、つばを取る仕事は歯科衛生士の人がしていました。技術は日本と変わらないと思います。唾をとる人は舌の下までグイグイと機械をいれてくるので、ちょっとおえっとなりそうでしたが。

料金は歯の汚れ具合によって600ペソ、800ペソ、1000ペソと変わります。こちらが料金表です。日本では、歯医者によっても値段が違うし、治療が終わって最後の支払いのところまで料金がいくらになるかわかりません。その点、フィリピンの歯医者さんは最初に自分が支払う料金がわかるのでありがたいです。明瞭会計素晴らしいと思います。日本もフィリピンのように明瞭会計で最初にいくらぐらい支払うのか、このような料金表の一覧があれば便利だと思いました。


ちなみに虫歯になったとき、1箇所治療するのに600ペソです。保険がないのかあるのかわからないですが、日本で虫歯を治すのとそれほど値段は変わらないですね。ちなみに私はこの日1000ペソ支払いました。たぶん、保険のことを考えても、ちょっとフィリピンの歯医者は高めかもしれません。

虫歯や長期で滞在する人以外は、日本の歯医者で治療する方が安くでできそうです。また、長期留学する人も短期留学する人もフィリピンで歯医者にかかると値段が高いので、留学前に歯医者に行き、自分の歯に問題がないか、虫歯はないかチェックしてからくるといいですね。

ショッピングモールの中にある歯医者なのでもしかしたら、他の歯医者よりも料金は高めに設定されているかもしれません。ただ、サービスが虫歯の治療などは安いところよりもサービスがしっかりしているところで治療することをおすすめします。フィリピンは日本と違うので何かトラブルがあったときに対応が大変です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ