フィリピン留学では先生との相性が大事

教え方のスキルも大事ですが、フィリピン留学では先生との相性が一番大事だと私は思います。カナダやオーストラリア、イギリス留学だと、授業はグループレッスンのみです。でも、フィリピン留学の魅力の一つ、フィリピン留学ではマンツーマンでの授業を格安で受けることができます。

マンツーマンだと、1時間もしくは2時間毎日同じ先生と1対1での授業があります。これを1ヶ月もしくは2ヶ月と継続していくと、本当に長い時間、その先生と過ごすことになります。
※その先生がお気に入りでない限り、やはり1ヶ月に1度ぐらいのペースで先生を変えるほうが、お互いに新鮮に授業に取り組むことができ、おすすめです。

なので、できるだけ早いタイミングで自分にぴったりの先生を探しましょう。まずは自分自信がどのようなスタイルの授業を希望するか考えましょう。とにかく出来るだけ効率的に英語の能力を伸ばしたい、厳しくてもいいので、短期間で英語力アップを狙うなら、厳しくて宿題もたくさんだし、さらに経験豊富なベテランの先生がお勧めです。

一方、楽しく英語を学びたいというのであれば、若くて元気な先生がおすすめです。

スピーキングの力を伸ばしたい、というのであればやはりお話上手の先生がいいですね。このように自分自身、どのような授業スタイルがいいのか、まずは自分自身を見つめ、その後、自分にあったぴったりの先生を探して見てください。

留学中に出会った友達も言っていましたが、自分と相性がぴったりの先生に出会ったときが一番、効率良く集中して英語を勉強することができます。一方、なんかこの先生違うなと思いながら、勉強していると、なかなか英語が身につかず効率が悪いです。

高い授業料、高い寮費用、そして高い飛行機代、さらにあなたの貴重なじかんを使ってフィリピン留学に来ているのです。ぜひ、納得の行く形で充実したフィリピン留学を過ごしてください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ