CNNの部屋写真

CNNでは一人部屋で生活していました。そんな私の部屋を写真で紹介します。

これから生活する自分の部屋を想像しながらワクワクした気持ちで部屋のドアをあけました。最初の感想は・・・

ここは牢獄ですか?

ベッドがすごい汚いです。
汚いベッド

すごいシミが・・・
シミだらけのベッド

枕にもカバーがされていません。鼻をまくらに近づけてクンクンすると、何か匂います。正直、気持ちが落ち込みましたがそのうち慣れるだろうと思い気を取り直してその日は寝ることにしました。
※枕はさすがに気持ち悪かったので、タオルをしいて寝ました。

次の日、学校に行き部屋に戻っているとベッドの状態が変わっていました。とてもきれいなベッドに変わっていました。どうも、私がCNNの語楽学校にきた日曜日の夜中にはまだシーツの準備ができていなかったようです。日曜日の夜中に私がこの部屋を使うということは事前に分かっていると思うので、その前にちゃんとシーツをかけておいて欲しかったです。

でもCNNの語楽学校にいる間はずっとシミだらけのベッド、少し匂いのする枕で寝ると思っていたので、ベッドがきれいに生まれ変わったことに、すごいハッピーな気持ちになりました。


さて、部屋のほかの施設もデジタルカメラで撮影したので紹介します。部屋全体の写真です。私の部屋はキャリーバッグを広げるのも苦労する狭さですが、一人部屋でもいろいろあるようで、広い一人部屋の人もいました。
CNNの部屋全体写真

洗面台があります。



勉強机に扇風機、冷蔵庫です。勉強机の下の鍵は残念ながらなかったので、貴重品はキャリーバッグにいれておきます。貴重品、たとえば財布等を机の上に置きっぱなしだと、おそらくパクられます。


CNNの語学学校では電気代が別途とられるので、電気代のかかるものはなかなか使えません。電気代は日本よりもフィリピンの方が高いようです。なので冷蔵庫は本入れにかわりました。
冷蔵庫が本棚に変身

トイレとシャワールームです。


手洗い場ですが、水漏れが激しいです。
水漏れのする洗面所

手を洗うたびにタイルがぬれて、足をそのたびに拭かなければいけません。さすがに面倒なので、寮の責任者に言いました。すると、部屋に問題がある場合、その問題について書く紙があり、そちらに書いてくれと言われたので食堂にある紙に水漏れがすると書きました。1週間後、確認してみるとOK!のサインがありました。


何がオッケーなのか私にはよくわかりません。水漏れについて対応できないのか、修理をするのか何の知らせもありません。たぶん、言ってもなおらないと言われるような気がして、これ以上言うのも面倒です。諦めました。


洋服はここにしまいます。他の語学学校でもそうですが、ハンガーは少ないです。なので、自分で必要な数のハンガーを持ってくることをおすすめします。
クローゼット

無料のWIFIが飛んでいるのでインターネットをすることができます。回線速度は他の語学学校同様、遅いです。ストリーミング動画を見るのは厳しいです。ただ、YOUTUBEなど、しばらく一時停止にしてある程度、内容を読み取ってから再生すると問題なく見ることができます。

夜はみんなが使っているので回線速度は遅いですが、午前中や夜中、みんながインターネットを使っていない時間帯は割と楽にインターネットに接続することができます。
インターネットの無料WIFI画像


部屋の掃除は1週間に2回あります。掃除のあと、トイレを利用しようと思い便所を見ると水滴だらけでした。お尻がぬれちゃいます!ちゃんと拭くところまでしてほしいなと思うのは日本人的発想なのでしょうか。
※マニラはカラッとした暑さなので、すぐに乾くことがわかりました。なので、通常、学生が学校から戻ってくるときにはきれいに乾いているので問題ありません。



窓から見える景色です。私の部屋は民家に面しているので、わりと静かです。道路に面している部屋はけっこう車の音がうるさいそうです。
窓から見える景色

エアコンはついています。けっこう部屋が蒸し暑くなるのでエアコンを使いたくなります。ただ、日本よりも電気代が高いフィリピン、エアコンを使っている人は少なく、部屋のドアをあけて暑さをしのいでいる人が多かったです。
エアコン

一人部屋はけっこう狭くて、キャリーバッグを開ける場所を確保するのも大変なぐらいです。でも、なれるとそれが普通になるので特に問題はありません。私も最初は、この部屋すごく狭いなと思いましたが、2日か3日でなれ気にならなくなりました。

電気代ですが、私は3週間いて940ペソでした。冷蔵庫は未使用、扇風機は夜はつけっぱなし、冷房は夜20分ほど運転して部屋を冷やしてから寝ています。フィリピンの電気代は日本より高いと言われていますが、恐れずに足らずです。ですが、夜ずっと冷房をつけっぱなしで寝ていた人は3週間で2000ペソ、3000ペソを超えたと言っていました。つけっぱなしには注意です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ