クレバーラーン学校詳細情報

アメリカ資本の自由な校風の学校
『自由な校風』なんとも甘美で心惹かれる言葉ですが、実際にはメリットとデメリットがあります。メリットは、夜遅くに帰ってきても大丈夫、何のペナルティもないということです。フィリピンの多くの学校では門限が決められています。

私自身、ついフラフラと遊びに出かけて帰りが遅くなることがありました。そのため8時からの授業には毎日遅刻してしまいます。そこで授業の開始時間を9時以降に変更してもらいました。

タクシーで15分くらい走ったところにマーメイドというバーがあります。安い値段でビキニを来たお姉ちゃんをみながらお酒が飲めます。お姉ちゃんと一緒にお酒を飲むこともできます。日常会話程度の英語ならフィリピン人の多くは話すことができます。

昼は学校、夜はビキニバーにて英語の勉強を日々、真面目にしておりました(笑)マーメイドに行くと、よくクレバーラーンの生徒と出会う、それぐらいクレバーラーンの日本人学生(男)にとってはメジャーなバーです。

デメリットは自由な校風ゆえ、夜でもうるさいという可能性があります。私がクレバーラーンに行ったのは3月でちょうど春休みの時期、大学生がたくさんいました。ここは大学か!?とツッコミたくなるぐらい日本人の大学生が多かったです。そして韓国人よりも日本人が多かったです。

1週間に1回か2回ぐらい夜中にどんちゃん騒ぎをしていました(実際は学生がうるさかったのか、やんちゃなお兄ちゃんがうるさかったのか確認していないのでわかりません。)本当にうるさくて眠れません。夜中、他の学生が寝ているということがどうも想像できないようで、大声ではしゃいでいました。日本だと即、警察を呼んでいるところですがここはフィリピンそれができません。そこで、打ち上げ花火でも彼らめがけて打ち込もうと何度も計画していましたが、私自身チキンなのでやめておきました。

ただ、3月後半になると大学生たちが続々と日本に帰国し、少しずつ静かな夜が続くようになりました。

日本の大学と同じようにワイワイ騒ぎながら楽しく英語を勉強したいという人には2月3月、そして8月から9月の夏休みの時期にクレバーラーンにいけばたくさんの大学生がいるので楽しく過ごせると思います。彼らは毎週、週末はいろいろな島に出かけて楽しんでいました。きっと楽しい思い出がたくさんできると思います。

ただ、社会人の方で騒がしいのが苦手という方には、大学生が春休み、夏休みの時期にクレバーラーンに行くのはお勧めできません。


ネイティブの人とも話す機会がある
CEBU21さんでは、近くに映画学校(ビッグフットのことかな?)あるため、ネイティブの人と話す機会があるかもしれません、みたいなことが書かれています。この内容についてはいまいちよくわかりません。ただ、クレバーラーンの学生かどうかはわかりませんが、アジア人以外の人も見かけました。外国人が大好きな女の子は積極的にはなし、仲良くなっている子もいました。

日本人男性はシャイなのでそのようなことをするのはなかなか難しいかと思います。ですが勇気のある人はアジア人以外もたまに見かけるので、声をかけることで仲良くなれるかもしれません。


アクティビティやオプショナルツアーが充実
学校主催のアクティビティやオプショナルツアーが充実していると紹介している留学エージェントもあります。私はそのようには感じませんでした。ただ毎週、金曜日に卒業式があります。そして歌の上手な先生が歌を披露するイベント、先生たちで作った映像を見るイベントなどがありました。これをアクティビティというのなら、そうかもしれません。あと、1ヶ月に1度ビリヤードと卓球のスポーツイベントを希望者でします。

オプショナルツアーについてはよくわかりません。ただ、わざわざ学校主宰でオプショナルツアーを企画しなくても、大学生たちは自分たちで企画して週末は近くの島に行くなど積極的に楽しんでいました。

日本人親子留学についての受け入れはフィリピンでもトップクラス
日本人の親子留学は見かけませんでした。しかし、韓国人の小学生は数人みかけました。なので小学生など小さい子供に英語を教えるのに慣れている先生は多いかもしれません。

私に英語を教えてくれている先生は韓国人の子どもにも英語を教えていました。実際に教えているところをみたわけではないので、なんとも言えませんが、小学生の子どもにも教えるのが上手な、そんな雰囲気の先生でした。


日本人の口にあう辛くない食事
日本の食事と比較すると美味しくありませんが、これは日本の食事が世界でもトップクラスなので仕方ありません。他の語学学校にも行ったことがある人が言うには、クレバーラーンの食事はセブ島の語学学校でもトップクラスということです。

日本のキムチは美味しく食べれますが、クレバーラーンででてくるキムチはからすぎて食べることができませんでした。それ以外の食事はだいたい食べることができました。キムチベースの辛い食事ばかりというわけではありません。

CEBU21のクレバーラーンの動画紹介では、朝食には焼きたてのオムレツ、昼食にはチーズトンカツというのは期待できません。1週間分の料理を画像つきで掲載しているので、リアルな現実を知りたい方は次のリンクを参考にしてください。
Cleverlearnの食事写真

新鮮なマンゴーとフルーツポンチが一番美味しかったです!日本ではバイキングにマンゴーがでてくるというのは考えられないですね。


日本人スタッフがいるのでおすすめ!
英語初心者の人はぜひ日本人スタッフのいる語学学校を選んでください。体調を崩した時、お医者さんがきてくれます。そのとき、英語で自分の体の状態を説明できますか?

私自身、語学学校に到着した時すぐに体調を崩してしまいました。医者がきたとき日本人スタッフの方が一緒にいてくれたので、私の体調について英語で医者に説明してくれました。このときは本当に助かりました。

また、パソコンが故障した時、保険会社に電話する必要がありました。このときも、日本人スタッフの私物であるパソコンをお借りして、スカイプで日本の保険会社に電話することができました。私一人では、海外から日本の保険会社に電話をかけることはできません。私自身、日本人スタッフのいる語学学校を選び、本当によかったなと思っています。

何か困ったときに日本人スタッフの方がいたら、本当に安心です。困ったときに英語で状況を伝えるのに自信がないという方は、日本人スタッフのいる語学学校をおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ