CIPの食事写真

CIPはビュッフェ形式になっています。なので、好きなものを取り放題、おかわりし放題です。他の留学エージェントのホームページでCIPでは元ホテルシェフが料理をつくっているとの情報もあります。
※確認したら、元レストランで仕事をしていると教えてくれました。ホテルシェフではないそうです。なんのジャンルか尋ねると韓国料理のレストランと話していました。これは2012年6月の情報でこのシェフがCIPスタッフとしていつまで働く予定かは不明です。

料理はなかなか美味しくて、他の語学学校と比較しても合格点をあげたいです。特に朝ごはんがけっこう豪華で、朝からいっぱい食べちゃいます。

食事の時間は朝が7時30分から8時30分、昼が11時50分から12時50分、夕食が17時50分から18時50分です。多くの語学学校は食事の時間にすごく厳しいのですが、なぜかここの学校は朝8時40分くらいに行っても食べることができちゃいます。それほど時間に厳しくないのが、学生側としては嬉しいです!

英語学校CIPの木曜日の食事画像
英語学校CIPの金曜日の食事画像
英語学校CIPの土曜日の食事画像
英語学校CIPの日曜日の食事画像
英語学校CIPの月曜日の食事画像
英語学校CIPの火曜日の食事画像


水曜日の朝食
朝食にスイカがでた

果物にコーンフレーク、そしてごはんにパンと自分の好きな朝食をチョイスすることができます。スープはマカロニやキャベツなどが入ったスープでした。スープの味は普通です。私はスイカが大好きなので、朝に果物がでるのは本当に嬉しいです。牛乳もフレッシュミルクで、フィリピンによくある砂糖の入ったミルクではありません。

パンは焼きたてを食べることができます。
焼きたてのパン

ジャムが充実しています。ホットケーキもあります。メープルシロップはなかったですが、チョコレートシロップがありました。
本当にたくさんのジャム類

マーマレードやブルーベリージャム、ピーナツジャムなどスタンダードなところから、グァバジャムやこれは何?というフィリピン独特の果物のジャムまでいろいろです。たくさんの種類のジャムがあるので、毎日いろいろなジャムに挑戦しながら、自分のお気に入りのジャムを見つけることができます。


牛乳もあります。牛乳を朝、飲みたい人はコーンフレークの皿にちょっとコーンフレークをいれて、あと並々と牛乳を入れます。コーンフレーク用の牛乳だと思いますが、ドリンクとして私は牛乳を飲んでいます。
牛乳もあります


水曜日の昼食


お肉は温かい状態のものを食べることができたので美味しかったです。ご飯の上にある料理もなかなか美味しかったです。フィリピン料理でしょうか。CIPの料理は韓国料理だけでなく、フィリピン料理や日本の料理もでてくるので、韓国料理がメインの語学学校は苦手という方も大丈夫だと思います。スープはもやしの入ったスープでこちらもそこそこ美味しいです。


水曜日の夕食


ちょっと部屋が暗いので、フラッシュを使って撮影しています。チキンがすごく美味しかったです。おかわりしました。かぼちゃは日本のかぼちゃ 煮っころがしに近い味付けです。ちゃんと面取りをして、皮が口の中に残らないよう、煮崩れしないように工夫されていて驚きました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ