CIP学校設備を画像で紹介

cipの学校設備を見ていきましょう。

CIPでは旧ドミトリーと新ドミトリーがあります。同じ値段のようなので、入学するとき、新しくできたドミトリーを希望しますとエージェントにお願いするとお得だと思います。料金的に日本人のほうが韓国人よりたくさんお金を払っているので、日本人に新ドミトリーを優先的に割り振ってもいいような気もしますが、そこらへんはどうなんでしょう。

以前に建てられた宿舎


新しく建てられた宿舎


新しく建てられた宿舎の前にはプールがあります。プールは汚くないですが、シャワーもなく服のまま飛び込む人もいるので水質はよくないと思います。ただ、わたし自身ビーチバレーを楽しんだり、運動不足を解消するため泳いだりしました。けっこうプールを利用している人がいるので、最低レベル以上の水質です。他の学校では最低レベル以下の水質のプールのところもけっこうあります。
語学学校にあるプール

トレーニングルームもあります。
トレーニングルーム

たまにトレーニングルームで体を鍛えている韓国人を見かけます。


バスケットゴールもあります。私もたまに夕食を食べる前、夕食を食べたあとにバスケットボールをします。CIPのタクシードライバーと日本人で2対2もしました。バスケットボールもあり、ちゃんと空気も入っています。
バスケットゴール

ビリヤードもできます。ネイティブの先生もよくビリヤードをしてたのしんでいます。ビリヤードは状態を保つために、いつも上の部分はどこか別のところに保存されているようです。私はビリヤードをしないのでわかりません。



卓球もできます。


CIPの食堂です。食堂にはけっこうハエが多いので、ライトのすぐ下には蝿取りの粘着液がついた蝿取りセットがかけられています。


ここの責任者に食事の写真を撮っているとき、写真は許可をとってからと怒られてしまったので、全体を撮影することができませんでした。スタッフがいないときにササッと撮影。


ゴミ箱は部屋の外にあります。通常は部屋の中にゴミ箱がありますが、これはセキュリティの面でよくありません。清掃スタッフが誰も部屋にいないときにゴミ箱のゴミを片付けたり部屋を掃除したりすることは盗難という面で非常に危険です。私も以前、勝手に化粧品会社からもらったサンプル化粧品を使われてしまいました。CIPでは清掃スタッフも勝手にはいることはできず、部屋の掃除をするときも必ず学生がいるときにします。CIPという語学学校は非常にセキュリティ意識の高い語学学校です。


下の画像をご覧ください。なんとWIFIが2箇所もついています。画像右上と左下あたりです。なのでYOUTUBEも普通に見れる日が多いです。他の語学学校よりもインターネット環境はずいぶんいいです。ただ古い校舎のこの通路にある部屋だけしかわかりません。他の新しい宿舎でのインターネット環境、WIFIの状況は不明です。


掲示板です。いろいろなアクティビティも人数が集まれば、開催されます。


ここで、お菓子と教科書を買うことができます。


マンツーマンで使う部屋です。CIPは大きなホワイトボードがあります。これはどの英語学校でも当たり前のようにあると思われるかもしれませんが、以外とないところが多いです。たぶん、あってもとっても小さいホワイトボードだけだったりします。このCIPでは基本的に必要な当たり前の設備が整っているので、勉強する環境は他の英語学校より整っていると思います。


学校の校門です。外にでるときは名前と時間を書かないといけません。そして戻ってきたら、また名前と帰ってきた時間を書く必要があります。平日と日曜日は門限が11時、金曜日と土曜日は1時です。これより遅い時間に戻るとワーニングカードという警告をもらいます。門限を破る、異性の部屋に入るなどCIPが決めたルールを3回破ると退学なので、注意しましょう。


学校の前にはいつもトライシクルの運転手がスタンバッています。CIPの門をでると「ヘィ」と声をかけられます。新入生はちょっと高い値段をふっかけられるので注意です。どこか行く時は、すでにCIPで勉強している先輩に相場を聞いて、その相場の値段で行くようにトライシクルの人に交渉しましょう。2012年の相場は近くのネポモールというショッピングモールで30ペソ、ちょっと遠くにある大きなショッピングモールSMクラークで120ペソが最安値です。でもSMクラークからCIPに戻ってくるときはなぜか、150ペソぐらい取られてしまいます。120ペソでは交渉がうまくまとまりませんでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ