C21の土曜日の食事画像

朝食

もやしとわかめのスープ、とうもろこしと玉ねぎのみじん切りを会えたもの、フレッシュトマト、スクランブルエッグ


スクランブルエッグは美味しかったです。ただ、私は朝8時40分頃に食堂に行ったので、すでにお変わりはありませんでした。トウモロコシのおかずは、「う~んトウモロコシを食べているな」という感じです。特に美味しいというわけではありません。

わかめスープの味付けは日本に比べると劣りますが、フィリピンという国柄を考えると合格点だと思います。

昼食

ミートソースのスパゲッティ


お皿が汚くてすいません。韓国人スタッフが食堂にいたので、すぐに写真を撮ることができませんでした(何かしら疑われて、写真が撮りづらくなると困るので)なので、これはおかわりした時に撮った写真です。お皿の周りが汚れています。

オカズはキムチだけ・・・たぶん、スタッフの人も土曜日は働きたくないのだと思います。このミートソース、具材にソーセージが入っていますが、もともとの味付けが甘いです。あまり美味しくないミートソースのスパゲッティです。日本ではあまり美味しくないミートソースのスパゲティを食べることができないので、ある意味、貴重な体験でした。


夕食

亜熱帯地方で採れた新鮮なムール貝?を使った具だくさんスープ、ラー油風に味付けしたウリ、でかいキュウリをフィリピンのマヨネーズを使って和えたもの


昼ごはんに引き続き、手抜きの夕食です。スープにおかず三品だけだったので、思わず食事担当のスタッフに「今日のおかずはこれだけ?」と聞いてしまいました。C21の方針なのか、それとも食堂のスタッフの方針なのか、食事がしょぼいです。

スタッフはメインのおかずはスープだと言っていました、スープはスープであって、メインディッシュではないと思います。

貝の入ったスープはそれなりに食べますが、たくさん食べようという気にはなりません。かといって、そのほかのおかずも美味しくないキムチと瓜、キュウリです。絶対に夜中まで起きていたらお腹がすくので、今日は早く寝ることにします。

味については聞かないでください。小田和正さんの『言葉にできない』の歌が頭の中で響いています。しんみりとした気分になってしまう今日この頃です。決して、寮の食事に不満があるわけではありません。それほど、高いお金を語学学校に払っているわけではないので。ただ、ただ、もう少しおかずを増やして、美味しいと感じるものを増やしてほしいです。語学学校で勉強しているときはなかなか楽しみも少ないものです。食事は私たち留学生にとっての楽しみの一つです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ